タイトルは常に漢字二文字にこだわっただけの日記。  *広告目的のコメントはwho54211の判断により消去・ブロックさせていただきますのであしからず*


by who54211

タグ:気遣い ( 2 ) タグの人気記事

久々

ワタシは結構いろんな人に「カナダに来て来て~」と言ってるのだが、なかなか来てくれる人がいない。なんせ、うちの家族すらいまだ未踏であるw。

・・・が、そんななか!!
お盆休みを利用して4泊6日の弾丸ツアーでやってきてくれたHaruko!!

お土産に大阪限定(大阪出身なので)のたこ焼き味の柿の種!!これがうまかった。専門店があるなら今度帰国したら行ってみよう。
f0129786_13040804.jpg
そしてリクエストした「九州パンケーキの粉」!!と彼女の会社で販売してるという英語バージョンのスシノコw。
「九州パンケーキなんてどこで知ったの?」と聞かれて、我が家にはテレビジャパンが入ってて、カンブリア宮殿で見たんだよーと言ったら納得してたw。HPにも「カンブリア宮殿で紹介されました!」と載ってたらしいw。

f0129786_13045800.jpg
これ以外にも、ワタシの大好きな川原泉さんの新作と息子くんにシールブックや折り紙、家で使うようにと布巾まで持ってきてくれた。

そーんな彼女との出会いはもう10年以上も前の話であるw。ワタシはまだ20代半ばだった。ワタシは当時学生ビザで、彼女はワーホリ、それもほんとにギリホリもいいところで、32歳になる直前に渡加してきたのだ。
彼女は、その当時から「自分の生き方」をしている人だとワタシは思う。
周りに流されず、自分の好きなことをして、そのために働く。そういう人である。
ワーホリで滞在中も、働くわけではなく、「長く旅行するためにワーホリを取った」の言葉通り、あちこち旅に出て、最終的に日本語を教える学校に通っていた。

今もその生き方は変わらないようだが、残念ながら前ほど簡単に長期休暇が取れないようで、大好きな旅行は海外に出ることがなかなかできなかったようだ。

Nigelに息子くんを任せて、いろいろと話をしてて思ったことは、

「あぁ、この人は日本で暮らしてるのに、ここウエストコーストの人たちみたいな生き方をしてるな」

ということ。自分のためにゆったり生きる。ワタシはそれに憧れて、日本でそれをできないと思い込んでこの国で生きようと決めた。
でも、彼女はそれを日本でやっている。
強い人だな、と思う。そしてそれを受け入れてくれるご両親(実はご実家に泊めてもらったことがあるので、お会いしたことがある)がいるからこそ、できたことなのだろうと思う。

バリバリの大阪人だが、彼女はまくし立ててしゃべることをしない。とても聞き上手な人である。
そんな彼女に未開封の精油の中から一つ、香りを嗅いでもらってプレゼントした。

どれを選ぶかなぁと思っていたが、彼女が選んだのは「Gentle Baby」。ワタシを産後うつから救ってくれたオイルである。
聞き上手な彼女は、きっと聞きたくもないことも聞いてるのかもしれない。癒しの手が必要なのかしら??と思いつつ、プレゼントした。

そしてワーホリでしっかりバンクーバーを堪能しているので、Hisaeさんのツアー・モアを紹介した。

「普通のツアーで回るところは『自分で回れるしな』って思ってたから、助かったわ~」

と言っていた。Hisaeさんの日帰りツアーは彼女のような弾丸ツアーのお客さんにはうってつけである。Hisaeさんからも「お土産までいただいて・・・。とっても素敵な方で、楽しかったです。」とメッセージをいただいた。そういう気遣いができる人だからこそ、日本でもウエストコーストな生き方ができるのかもしれない。

彼女はきっとこのまま淡々と人生を堪能していくのだろう。そして彼女にはその価値が十分にある。

次に会う時は、もっとゆっくり彼女と一緒に時間を過ごしたいな。


カナダ土産
[PR]
by who54211 | 2017-08-18 13:03 | 人間 | Comments(0)

欲求

友達が近々バンクーバーに遊びにくる、とのことで

「お土産なにがいい?」

と聞かれた。

一気に頭の中に「あれもこれも・・・・」と浮かんだことは浮かんだのだが、アジア人の多いエリアバンクーバーでは、お金さえ出せばそれなりに日本製のものは手に入る。これはちょっと調査をせねばいけないことに気がついた。

最初に頭をよぎったのは、「化粧品」である。
こっちでは美白と言う考えがあまりないらしく、日本のようにホワイトニングを売りにしているものが少ない。
・・・のだが、全くないわけではない。
ファンデーションなんかは日本よりもはるかに色のバリエーションがある(人種がさまざまなので)から問題ない。

次に食べ物なのだが、これは挙げだしたらキリがなさそうだったので、思考停止したw。

そして本である。
マンガ読みたいな~、とも思ったのだが、どうやって本を探すのか、と言う問題にぶちあたった。
まぁ普通の本もなのだが。いっそのこと読み切りマンガの雑誌とか・・・とも思ったがかさばるのでお願いしなかった。

あれこれ悩んでお願いしたのは
無印良品の敏感肌用高保湿化粧水。これ、お値段の割にかなりの高品質。こっちでは美白系も少ないが保湿系の化粧水も見つけにくい。
そしてホームベース型の化粧用スポンジ。リハビリメイクを習ってからと言うものこの形のスポンジ以外では化粧ができない・・・。
最後に「へこんだときに効きそうな本」を何でもいいからお願いします、とメールをだした。

出してから気がついた。

「なんか大事なものを忘れてる気がする」

・・・・・。
・・・・・・。
・・・・・・・。

「オロナインだ・・・。」

といってもオロナインCではなく、オロナインH軟膏のほうである。日本ではお馴染みの万能薬だが、当然バンクーバーにはない。ワタシはこれをニキビからやけどまで幅広く愛用してるのだ。

・・・まぁいいか。

とにもかくにも知ってる人が遠くから遊びに来てくれるっていうだけでワタシはほんとにうれしい。
だって両親ですらまだ来てないんだもの。

彼女が来てくれるというニュースだけでビザ却下のショックがかなり和らいだのはいうまでもない。
早く会いたいな~。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家

[PR]
by who54211 | 2009-09-27 09:41 | 報告 | Comments(8)