タイトルは常に漢字二文字にこだわっただけの日記。  *広告目的のコメントはwho54211の判断により消去・ブロックさせていただきますのであしからず*


by who54211

タグ:産後うつ ( 3 ) タグの人気記事

相談

たまたまなのだが、ちょっと立て続けに個人的なお悩みを打ち明けられた。
まぁワタシはカウンセラーではないのだが、DVやら産後うつでいろいろ専門家のお世話にもなり、今現在は「え?マジでうつだったの?」というくらい普通に楽しく暮らしているので、話しやすいんだろうか??

人の悩みを聞いてると、「え?そんなことで悩むの?」ということから「え?そんなに深刻なのに大丈夫なの?」ということまで千差万別なのだが、共通点は同じ。

悩んでる本人は、「聞いてもらいたい」のだ。



これはワタシの産後うつブログの中でも紹介したのだが、「外へ出す」ことで自分の思考を整理するのだ。それだけでかなりすっきりする。このブログの中でも紹介してるのだが、トイレにフェルトペンを置いておいて、マイナスの感情が出てきたときはトイレットペーパーに書いて流してしまうと案外その感情が一緒に流れて行ってしまうものである。

うちの近所に一軒の空き家がある。数か月前に中国系の人が引っ越してきたばっかりだったのに、数週間前になぜか大きな粗大ごみ回収用のコンテナが置かれた。
そして壁に裁判所からの調停書と思われる書類が貼られ、更に「中国人が失礼で尊敬を念を失ってるからだ」と大きな落書き。

バンクーバーの不動産はいまだ高騰し続けており、もはや市内で家を買うには数億単位のお金が必要である。その原因の一端が中国系投資家の不動産購入ともいわれている。全員が全員そうだとは思わないが、「家を買った」→「数か月住んだ」→「家財道具そのままで逃げる」という悪質な購入者が後を絶たないらしい。うちの近所の家もその被害にあったようだ。

ただね、この落書きという行為、正直言っていただけない。
その怒りは分からないでもないけど、落書きすることでその分、この家を再度販売する時には塗りなおしたりしなくちゃいけないわけでしょ?その分また価格に上乗せされちゃうと思うのだが(専門家じゃないからこの辺どうするのか知らないけど)。結局不動産価格が落ち着くということには全然つながっていかないような気がする。

マイナスの感情を誘因するような行動に、更にマイナスの感情を引き出す行動を取っても堂々巡りなだけなのだ。

悩みも同じ。特に対人関係で悩んでいるときは、お互いにぶつかるだけではうまくいかないことも多い。だからこそのセルフケアなのである。

そのセルフケアでワタシが大事にしてるのが「香り」。いい匂いがすると悩んでるのが馬鹿らしくなるのだ。別にね、アロマにこだわらなくてもいいのだ。晩御飯のにおいでもいいし、お水をまいた後のお庭のにおいとかね、平和でいいなーとワタシは思う。最近はBBQのにおいがそこかしこから漂ってきて、幸せであるw。

まぁとはいってもアロマはそういう意味では手っ取り早いので、是非9月24日はアロマフェアへお越しいただきたいと思う。





[PR]
by who54211 | 2017-07-26 05:47 | 関心 | Comments(0)

幸運

昨日は、産後うつのグループで一緒だったお母さんたちとお茶🍵

今回はワタシを含めて3人だけだったけど、みんなすごく「今」を楽しめるようになってきてて、嬉しかった。

ハートリー明子さんからいただいたハワイアンお茶セットのなかに、一人のお母さんのお嬢さんの名前を彷彿とさせるものがあったので、それとガールガイドクッキーをあげたら喜んでた。彼女の子供は二人ともハワイアンネームからつけている。ハワイは彼女と旦那さんにとって特別な場所なんだそうだ。
もちろんもう一人のお母さんにも、彼女のイメージでお茶を選んでクッキーとともに渡した。

あれだけ苦しんだ産後うつだけど、今はしっかりその事実も受け止めて、前向きに子育てできつつある。

実はこのお茶会、ワタシにとってはちょっとしたお仕事ミーティングも兼ねていた。
お母さんの一人が、アニメーターで、彼女の描く絵がとても可愛くて素敵なので、ワタシのブログのアバターを作って欲しいとお願いしたのだ。返事はもちろんOKで、その打ち合わせをした。

息子くんとワタシがすっごくいい顔してる写真をベースにしてもらうことにした。

彼女はEtsyで今後カードやイラストを売っていこうと考えてるので、きちんとお金お支払いするつもりだったのだが、

「日本語/英語の子供用百科事典みたいなのを作りたいから、その日本語翻訳とトレードしよう」

と言ってくれた。日系二世の彼女は、彼女の息子くんに日本語を覚えて欲しいのだが、やっぱりいい本がなかなか見つからないのだそうだ。じゃぁ作っちゃえ!ってことで構想を練ってるとのこと。

そして彼女はその目標をたまたまギフトを買いに行ったお店の人に話したら、なんとその話してたオーナーさん、元々Etsyでビジネスを始め、念願のお店を持った、とのことでアレヨアレヨとメンターもゲットしたのだ。

もう彼女はこれで波に乗って行くだろうな、と思っている。彼女はとても真摯で真面目、そして優しい。それが彼女の絵にも溢れてて、あとは実業家として熟すのみだろうと思う。

結局話が盛り上がり、息子くんのお風呂ギリギリに帰宅。文句ひとつ言わず「すごく楽しかったんだね」と言ってくれる人がパートナーで心底嬉しかった。

同じように悩んで苦しんでた時も仲間だったけど、今もなお、前向きに刺激し、支え合える仲間に成長できてほんとに出会いは不思議だな、と思う。

次に会う時には、ワタシのブログの話ももっとできるよう、いっぱい書いとこ。


[PR]
by who54211 | 2017-04-24 12:08 | 人間 | Comments(0)

再会

日曜日に「同志」に会ってきた。

産後うつのグループセッションで一緒だったお母さんたちと子供抜きでランチ。
f0129786_14212788.jpg
リッチモンドに住んでる人もいるので、中間地点になる「Cafe L'orangerie」で。
久々食べたエビフライハヤシライス🍤うまかった。

このグループに参加している間は、個人の連絡先を聞いてはいけない、という決まりがある。なので、全員グループを卒業しないとこうして集まる機会はない。

全員無事に卒業できたことを誇りに思う。

みんな状況はいろいろだが、グループで話をしていた頃なら絶対に

「なんでワタシだけ?!」
「どうしてうまくいかないの?」

という状況も、今はなんとかやっていけてる。あの頃は本当にちょっとしたことが、涙なしでは語れなかったりした。

ワタシたちはみんな親として「Good Enough(事足りてる)」存在。それを自分のものにするまで時間はかかったけど、ワタシにとって、必要な時間とプロセスだったと思う。

ワタシがこれからやろうとしてることも、実はこのグループに大きく影響されてる。
出会うべくして出会った大切な人たちだ。

ワタシたちはまた悩むだろうし、また専門家の助けが必要となることがあるかもしれない。
でも一緒に闘った仲間がいるのは、とても心強いことだ

「また4月に会おうね」

と約束して別れた。うん、今度は春に。絶対に会おうね。





[PR]
by who54211 | 2017-03-01 14:18 | 人間 | Comments(0)