「ほっ」と。キャンペーン

タイトルは常に漢字二文字にこだわっただけの日記。  *広告目的のコメントはwho54211の判断により消去・ブロックさせていただきますのであしからず*


by who54211

タグ:確定申告 ( 7 ) タグの人気記事

税金

カナダではたとえ会社に勤めていても確定申告をする必要がある。
前年(今年でいえば2013年の1月から12月まで)の収入と納税、年金納付なんかの情報が掲載されているT4という書類を元に(ほかにもT5とかT4sとかいろいろあるのだが)、非常に面倒くさい計算をして、日本で言うところの税務署に報告するのだ。

ワタシは子供もいないし、所有してる財産もないので、毎年自分で計算して出しているのだが、今年、問題が発生。

ベビーシッターをしてたのだが、そこの家のお母さん、T4を出してくれないのだ。
つまりワタシ、確定申告ができない。

カナダの税務署にあたるCRAのウェブサイトを見たら、「締め切り重視。もしT4がなければないことを記載して提出せよ」とある。

ただ、締め切りである4月30日までまだ少し時間があるので、なんか手立てがあるかもしれないのと、まだそんなにCRAも忙しくないだろうと思って電話をしてみた(正確にはウェブから「電話くれ!」とお願いを出した)。

お願いをだしてすぐ電話がかかってきたのだが、このオフィサー、声だけで判断するのは失礼かもしれないが、なんか対応が冷たい・・・。
とにかく状況を説明すると

「どうして彼女がT4を出さないのか理解できない」

という。いや、とにかく出してくれないから相談してるのだが・・・w。

とりあえず、元雇用主に対する異議申し立て(要するに文句)の書類を送ってくれるそうな。おそらくまだ締め切りまで時間があるからだと思う。締め切り近かったら「とりあえず申告しろ」と言われただろうな。

まぁいいや。電話して質問したという記録はCRAに残ってるから、万が一T4なしで申告せざるを得なくても、理解してもらえるだろう。

・・・いや理解してもらえるのか?この国・・・。あんまり信用できんなw。
[PR]
by who54211 | 2014-02-27 03:34 | 愚痴 | Comments(0)

金銭

今日も朝からやることのないワタシである。
なので、失業保険の詳しい話を聞きにサポート機関にいきたい、と雇用主さんにお願いしたら、

「え?なんで?」

的な反応を示されたので、あえなく断念したワタシである。
やることがないのに、家に縛り付けられてるこの苦痛。

で、あまりにもやることがないので、自分のことをやろうと思い、クライアントさんの騒動ですっかり記憶の片隅に追いやられていた確定申告をすることにした。

カナダではどんなにでっかい会社に勤めていようが、確定申告は個人の義務である。
なので、ワタシも今年に入ってすぐ日本でいう源泉徴収にあたるT4と呼ばれる書類をお給料を管理してるクライアントさんの娘さんからもらい、銀行から別の書類(利息も収入になるので)を待っていたのだが、問い合わせたら残高がある程度残ってないとこれは発行されないということが分かり、やらなきゃ!と思ってた矢先にクライアントさんの騒ぎが起こったのである。

なにはともあれ、時間もあることだし、締め切りは4月30日だから早めにやっておく分には損はないので、取りかかった。

日本でも正職員として長いこと勤めていなかったワタシは、確定申告をしていたのだが、うちの父親が自営業で、税理士さんがいたのでいつも一緒にお願いしてたのだ。一度だけ「自分でやれ」と言われてやったことがあるのだが、日本の確定申告は、カナダのものに比べると遥かに分かりやすいフォームだった気がする。

日本もカナダも今ではオンラインで確定申告ができるが、カナダの場合、ある程度の収入を得ていると、そのソフトウェアを購入しなければならなくなる。計算はコンピュータがしてくれるけど、どこにどの金額を打ち込むかは複雑だ。
日本の場合、税金控除に当たるであろう領収書には「これは税金控除の対象になります」という注意書きがあったりするが(まぁ、うちの父親の場合は自営業だったから複雑だったと思うけど)、カナダの場合、一体なにが税金控除に当たるのかさっぱりわからない。
会計士をしてるクライアントさんの娘さんにあれこれ情報を提供してもらったが、結局ワタシの場合、控除になるのが歯医者さんの支払いと、バスパスのみ。去年の申請で学費の控除はすべて使い果たした。
しかも今年は時給が上がったので、これはきっと税金払わなきゃいけないだろうな〜と覚悟していた。

ワタシは毎年ペーパーで申請している。
低所得者になるので、フリーソフトウェアも使えるのだが、複数の収入が無く、対して控除になる対象が無い場合は紙の方が分かりやすい。

分かりやすいのだが...。

ワタシ、未だに良く分からないんだけど、この書類、いきなり

「この欄はこの計算モジュールで計算したものを記入してください」

とか

「ここには州(カナダでは国と州の両方に税金を払う)の税金を記入してください」

と言ってくるし、順番通りに数字が繰り上がっていくのかと思うと次のページで

「ここにあなたの全収入(全収入を計算した欄の番号が書いてあるだけ)を記入してください」

とか言ってくるし(怒)。

毎年毎年前の年のタックスリターンを見ながら書き込むワタシである(大体控除に当たるものも収入詳細も似てるから)。
これ、子供とか配偶者がいる人は大変だよな〜、と思う。うちの雇用主さんに至っては雇用主さん、クライアントさん、雇用主さんの妹さん、そして3年前に亡くなった雇用主さんのお母さん(定期預金が彼女の名義のまま残っているので)の分までやるんだそうで...。もちろん会計士さんにお願いするんだけど、必要書類を整理して渡すまでも大変らしい。

とにかく注意深く、ガイドと前の年のタックスリターンのフォームと首っ引きになりながら2時間あまりでなんとか計算し終わり、結果、

「税金もらい過ぎたようなので、お返しします」

という結果になった。

??????

そうなの????

一応2度確かめたけど、そうらしい。
ま、間違ってたら「払いやがれ!この野郎!!」と手紙が来るだろうからいいけども。

とにかく期日までに出しておけば、延長利息を払わなくて済むので、早め早めに出しておいて早めに結果が戻ってくることを祈ろう。
ぎりぎり4月30日に出すと返ってくるのが7月なのだが、去年は確か3月後半に出して5月には返ってきてた気がする。

やれやれ、面倒な仕事が一つ片付いた。




にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家
[PR]
by who54211 | 2012-04-03 09:03 | 報告 | Comments(2)

切替

さて、Iphoneにしてからもう半年経過するものの、ワタシ、いまだにこの電話を耳に当てて会話するのが苦手である。

まず第一に「べったりと顔の油脂とか化粧がつく」のが許せない。きっと今までの電話もそうだったんだろうけど、スマホって全面画面だから、目立つのだ。

そして「スピーカーにすると声が届きにくい」のも意味がわからない。なんのためのスピーカー機能なんだ??

さらにいえばIphone4sに限ってなのだが、イアフォンでの通話に問題がおきやすいのだ。

今日もその不具合がずっと続き、相手に迷惑をかけてしまった...。
これ、Bluetoothで会話するときは不具合が出ないし、イアフォンで音楽を聴くのにはな~んにも問題がないのに、イアフォンをつけて通話しようとすると勝手にスピーカーに切り替わり、相手の声は聞こえるのにこっちの声は聞こえないという一方通行な会話になるのだ。

なんで???
これワタシだけかと思ったら、同じ不具合が結構おきてるらしく、バージョンアップしても不具合が解消されないらしい。

だめジャン!!

とにかくいろんな人が言ってる方法をいくつか試して、最終的に電源をいったん落としたら、イアフォンで普通に会話ができるようになった。

...が、これまたいつ起こるかわからないわけよね??

なんとかしろよ、Apple。

Iphoneといえば、ワタシは家計簿アプリをダウンロードしたのだ。日本のドコモが作った「ココマネ」というもの。このアプリの利点はパソコンとIphoneの両方からデータを更新できることなのだ。パソコンなら細かい入力や分析もできるし、日記機能もあるので、お買い物やゴハンのデータを残すことも可能。
そして何よりも海外居住者にとって大切なことは「円以外の通貨入力ができる」ことである。
円で入力するタイプの家計簿は普通小数点以下の数字を入力できない。
でもね、海外で暮らしてると小数点以下の買い物というのがあるのだよ。
ココマネは、この点に対応してるのでダウンロードした。

...がしかし。

残念ながらIphoneのアプリでは対応していない。
通貨表示はドルにできたけど、小数点以下を入力しようとすると四捨五入されてしまう。

だめジャン!!!

ということでココマネがバージョンアップするまではパソコンで入力するしかない。

...あぁ、こうなったらほんとにパソコンがほしい(まだ自分のを買ってない)。
この前アップルストアでお兄さんにいろいろ聞いたら「まぁ持ち歩くことも考えて、Airをお勧めしますよ」といわれた。すごく心引かれたのだが、ふんぎりがまだつかない。

確定申告が終わったら考えよう。まだ銀行からの書類が届いてないのだが、これが着次第やらなきゃいけない。今年はきっと税金を払わないといけないのだろう...。

お金かかるな~。宝くじ当たらないかな~。



にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家

[PR]
by who54211 | 2012-02-09 09:51 | 愚痴 | Comments(2)

節税

やっぱり何度計算してもよくわからなくなってきたので、彼氏に相談したところ

「友達に会計士がいるから頼む?」

ときた。
最初からそうすればよかった...。
でも会計士って高いよね?と思っていたのだが、どうもお友達価格でやってくれるらしい。

持つべきものは交流の輪(ってワタシのじゃないけど)であるw。

で、彼氏に頼んで書類もっていってもらったらすぐやってくれたらしい。
どうやら一般的にはT4と呼ばれる日本で言うところの源泉徴収は3月過ぎてから配るところが多いようで、3月頭の今はまだ会計士さん余裕があるんだそうだ。これが4月すぎるとすごいことになるらしい。

で、戻ってきた書類をみたら、ワタシが計算したのよりもさらに$500以上戻ってくる、と書いてある!!

これ、会計士がやったから間違いないよね?
このまま出せばいいんだよね?

これでなんとか新しいパソコンが買えそうな気がする...。

...でもさ、この確定申告の小切手が届くのって2ヶ月先なんだよね(泣)。首を長くして待つしかないか。

とりあえず、どうやって乗り切るか考えよう。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家
[PR]
by who54211 | 2011-03-09 14:46 | 仕事 | Comments(0)

税金

さて、カナダにはなぜか年末調整というシステムがない。
なのでたとえ会社に雇われていても、自分で確定申告をしないといけない。これはカナダ国民だけではなく、ワタシのようにワークビザで働いてる外国人も該当する。ワーキングホリデーの人も義務である。

やっておかないと後々移民するときにもめるので、ちゃんとやらなきゃな〜と思いつつ、雇用主さんから確定申告用の書類をもらって2週間放置w。

やっとこさ重い腰をあげて計算をしたのだが...。

「う、説明文ぶっとばして計算しちゃった...」

そうなのだ、この確定申告、結構面倒なのである。
金銭的に余裕があれば会計士さんにお願いしたいところだが、正直自分の年収見て唖然とする額なのでそんな余裕はとてもとても...。

去年、確定申告をしているので今年はオンラインで申告ができるのだが、念のために手でも計算してるのだ。
カナダではある一定以下の収入の人には無料で会計ソフトがダウンロードできるようになっている。

で、ダウンロードしてみたのだが...。

なぜか手計算の結果とまったく違う結果が出た。

....。
......。
........。

ま、間違ってても修正されて戻ってくるからいいか。
とりあえず額が大きく出た方で申請しようかとw。

いや、とりあえずもう一回手計算し直すけどさw。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家
[PR]
by who54211 | 2011-03-04 15:32 | 仕事 | Comments(4)

限界

ここんとこの長期労働に続いて生理が来て、イライラMAXである。どっかで思いっきりぶちかましてこないとこれはマズい領域に入りつつある。

今日は予定変更して買物に行ってくれと言われたので、COSTCOへ。
とりあえず頼まれたものは全部買って、ついでに返品しなくちゃいけないものを返して、この際だから~と自分の買い物をちょっとだけしたときに気がついた。

「クレジットカードがない」

最後に使ったのはたしか土曜日・・・。
でも日曜日に一端取りだした記憶がある。あれは確かタクシーの中・・・。
あわててタクシー会社に電話するも「該当するものはないです」と・・・。

オンラインで明細をチェックすると使われてる形跡はない。

鞄にはなかった。
バックパックにもなかった。

財布もなかった・・・んだけど、念のためもう一度見る。

コインケースのところに入っていたw。

やっぱりワタシ、使ったものをもとにもどさない片付けられない女らしい・・・。

f0129786_6382286.jpg

日本からこの本買ってきて読んだんだけど、一応この本に載ってることはおおむねできてるのだ。
・・・捨てること以外w。

そうなのよね~捨てなきゃいけないのよね~。

分かってるんだけどね~。

とりあえず、お昼御飯が終ってばーちゃんと交代するまでの時間は掃除することに決めていまんとこうまくいっている。

ばーちゃんと言えば、今日、買物してきて物を仕分けしてたんだが、手伝おうとしてくれるのはいいんだけど、ワタシと同じ分量のものを彼女が持てるわけがないのだ。
合計10キロを超える肉を一食分ずつに分けておいたら、彼女はワタシが手を洗ってる間に冷凍庫に入れるために地下に持って行こうとしたのだが、無理だったw。あたりまえだけど。

「重いからワタシやるんでいいですよ」と言ってるのに聞かない、というか聞こえてない。

これくらいはワタシは一人で楽勝なのだ。逆に手伝われると落下させる危険があるので、「手伝うわよ」というばーちゃんの声は聞こえないふりw(←逆襲)。

さて、実は今週中に終わらせたいことの一つに「確定申告」があるのだ。
ずいぶん前に書類だけはもらったのだが、ず~っと手つかず。だって説明書き読んでもどうやっていいのかさっぱり分かんないんだもん。
会計士に持って行こうかと本気で悩んだが、ワタシの申告額が大したことないから、そんなに厳しくチェックされないと思うよ、と言われ、兎に角やってみることに・・・。

「あ~そういえば保険証もらう前の医療費(検査費用とか)も対象だっけ?」
「学費納めたのは3年前だけど、これも対象だよな~」
「去年使ってたバスパスも対象のはず・・・」

・・・・。
・・・・・。
・・・・・・。

「どこやったっけ?」

・・・はい、片付けられないオンナの典型例w。
頑張って探そう・・・。そしてちゃんと見つけられる場所に保管できるオンナになろう・・・。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家
[PR]
by who54211 | 2010-04-08 06:47 | 人間 | Comments(4)

手続

昨年度の確定申告をしないといけない。正職員として働いていなかったため、年末調整がなく、自分で税金還付の申請をしないと住民税が払えないのだ。

ネット化が進んで、確定申告もオンラインでもできるようになったようだが、我が家のパソコンがそういう状態になってるのかどうかが分からず、とりあえずできあがったものを印刷しておいた。
でもネットで申請すると5千円さらに戻ってくるんだって・・・。父親に聞かねば。

この確定申告、昔に比べればインターネット上で計算もしてくれるし、分かり易くなったんだと思うが、今回、ワタシを悩ませたのは社会保険料と生命保険による税金控除申請である。

一応保険会社のほうから税金控除のための通知は来るのだ。

問題は、申告書にどうやって書くのかが細かく説明されていないと言う点にある。

社会保険のほうは、まだ「③のところを記入、③がなければ①を記入」と部署は違うとはいえ、お役所のやることなので、説明があったが、やっかいだったのは生命保険。
通知のほうには、「一ヶ月の掛け金」しか書いていないのだ。
あっちゃこっちゃ調べて、「一年分の保険料の金額によって控除額を自分で計算して記入」しなければならないことが分かり、ゲンナリ。変なとこで不親切。きっとワタシみたいにこれを面倒くさいと思って書き込まない人多いんじゃないんだろうか・・・。こうやってお役所は儲けてるんだな。しかも質問しようと電話かけてもつながらないし・・・。

大体還付するくらいなら、最初っから取るなよ、とも言いたくなる・・・。でもそういえばカナダは普通に正職員で働いてても自分で申請しないといけないんだよな。予行演習だと思えばいいか。

でも、これ、戻ってくるの二ヶ月後とかなんだよな・・・。お給料も3月末まで無いし・・・。どうやって生活しようかしら?

まぁなんとかなるだろう。三食つきの寮らしいし(←ほんとに)。

**********************

荷物を栃木に送るため、宅急便屋さんを呼ぶ。
黒猫さんとこに頼んだのだが、うまいなぁと思ったのが「営業所等窓口に出していただければ、荷物一つにつき100円割引いたします」と、料金に乗っけていることである。「荷物を取りに行く場合は、100円余分にかかりますよ~」とは言わないのね。あはは。

最近、ドライバーさんの携帯に直接電話してやりとりできるようになっているのだが、なんとなくそこに直接かけるのは気が引けたので、カスタマーセンターに電話。
午後に来る、ということだったので、家でのんびりと待っていた。

二時過ぎに来てくれたのだが、どうやらドライバーさん、午前中に伝票を置いていってくれていたらしい・・・。呼び鈴押してくれなかったので、全然気がつかなかったのだ。

「いや~車がないもんで、おらんと思ってねぇ」

・・・ドライバーに直接電話する、ってのはこういう利点があるのか、と思ったと同時にちょっと怖いと思ったのが、「なんでそんなこと知ってるの?」という疑問である。
地域に密着するためのこういうサービスなのだが、こういういろんな情報を全部把握されてるのかと思うと、悩むところである。

でも、ドライバーさんが言うには、直接電話してくれたほうが、話が分かりやすいんだそうだ。センターを通すと、現場を知らない人が間に入るため集配のルートに影響が出やすいんだそうだ。
なるほどね~。まぁドライバーさんの人柄にもよるんだろうけど(実家エリアの担当さんはとてもイイヒトで良かった)。
ちょっとオマケまでしてくれて助かった。

*********************

病院の寮にはインターネット設備はないが、病院のインターネットは業務時間外(つまり病院が閉まった後)には使って良い、と言われたのだが、さすがに個人情報を残すわけにはいかないので、ネットバンキングとか暗証番号が必要なものはやっておこう、と実家のパソコンでいろいろしていて、気がついた。

自分のパソコンには、暗証番号を登録してしまっていたため、いくつか暗証番号が思い出せないのだ。

最近は銀行もそうだが、暗証番号が類推しやすいものだと番号として登録できないため、番号そのものを想像しにくく設定したのはいいものの、思い出せないって・・・。だめじゃんorz。

しかも日本のサービスならまだしもカナダの銀行なんて、どうにもならん・・・。

なんとか思い出して、事なきを得たが、実は新しく来たクレジットカードの暗証番号も分からない。というか持ってるクレジットカードの暗証番号、全部分からない・・・。

・・・都内で下車しないとだめか。(電話で問い合わせると、実家に暗証番号が送られてきてしまうから)

・・・というか、帰国してすぐやれば良かった(←いつもこうやってぎりぎりで焦って、失敗するタイプ)。

明日はあったかいみたいで良かった。
[PR]
by who54211 | 2008-02-19 16:25 | 人間 | Comments(4)