「ほっ」と。キャンペーン

タイトルは常に漢字二文字にこだわっただけの日記。  *広告目的のコメントはwho54211の判断により消去・ブロックさせていただきますのであしからず*


by who54211

差別

ある日、雇用主さん(奥さんね)が「今日は疲れたから寝る」といって夕食後早々と寝てしまった夜の出来事。

電話が鳴ったので出ると
「HSTについてのアンケートに答えてほしい」
というような内容の電話。

去年の夏から導入されたこの新しい消費税システム、見直しの時期らしく、近々「賛成か反対か」の住民投票があるんだそうだ。
このシステムの導入以前は、一部の商品やサービスには7%の州の税金がかからなかったのだが、現在はほぼすべてのものに12%の税金がかかるようになった。

で、電話口の女性は早口で

「HSTについてうんたらかんたら、べらべらべら〜」

まくしたてるのだ。
意見を聞いてるのは分かるのだが、詳細が分からないので
「HSTに賛成か反対かを聞いてるのか?」
と聞いたら
「あなた、英語が母国語じゃないの?」
と言われ、そうだと答えたら
「時間取らせてごめんなさい、じゃぁいいわ」
ガチャンと切られた。

移民大国のカナダ、国民の半分、とまでは言わないけど、近い数字で英語が第二言語の人間が暮らしてると思うし、しかもバンクーバーエリアなんて留学生やワーキングホリデーも数多く滞在してるのに、この対応ってどうなの???
英語の聞き取りができない人間の意見なんてどうでもいいっていうの??
確かに移民権のないワタシはこの手の投票にも参加できないけどさ〜〜〜。

なんだかすごく後味の悪い電話だったな...。ちくしょ〜、どこの政党なのか聞いとけばよかった。そしたら選挙権持っても絶対そこには投票しないのに!!

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家

[PR]
by who54211 | 2011-06-14 11:50 | 愚痴 | Comments(2)

一言

今朝、起きたらまた瞼が腫れてしかも真っ赤。
これはまずい、ということでお休みの日でもあったので、車をお借りしてクリニックへ。

お医者さんいわく「顔限定ってことは化粧品の可能性が高いから、最近変えたものをやめて、薬飲んで3日後もう一回来てくれる?」ということだった。

ということでせっかく買ったけど、クリニークのホワイトニングをやめている。
でももしかしたら夜だけ使ってる保湿美容液の可能性も捨てがたい。なぜならいつも症状が強く出るのが朝起きた時だからだ。

とりあえず、今日は保湿美容液を塗ってみて、明日腫れなかったらホワイトニングだな~。

*=*=*=*=*=*=*

知ってる人も多いと思うが、ワタシは日本でもカナダでも相当なテレビっ子である。
でも、ここんところず~っとテレビを見る余裕がない。
カナックスのプレイオフも、第二ピリオド(ホッケーは3つピリオドがある)までしか見られない。クライアントさんのお世話があるからだ。

以前は第三ピリオドを見てる間にネブライザーをかけてもゆとりがあったが、もう彼にそれを求めることはできなくなった。
それだけ病状は確かに進んでいるのだ。これは進行性疾患だから仕方のないことだ。

でも、今日はワタシはお休みの日で、ついでにカナックスの試合があるから、友達のところで見て帰ろう(家に戻れば必然的にケアをしなくちゃいけない雰囲気になるので)と思って電話をかけた。

雇用主さんの反応はあんまり芳しくなかった。
でも「いいですよね?」と言って電話を切った。昨日の日曜日も土曜日にカテーテルに問題が起きたから日曜にいるフィリピーノの子だけでは万が一そういう事態が起きた時に対応できないから家にいたし(何もおきなかったけど)、金曜日はお誕生日だった上にカテーテルにくっつけるバッグの交換に不安のある雇用主さんのやり方をチェックしなきゃいけなかったので、それが終わってからのオフだったから、実質はナイトオフではない。

電話を切ってすぐにまた雇用主さんから電話が入り言われたのが
「I don't think it's good idea」
である。

直訳すると「それはいい考えではない」。

これにカチンときた。続いて言われたのが「だって私、まだトロント(本のお仕事で5日間滞在する)の準備できてないから」だからだ。

それはワタシのせいか?

英語には日本語のようにへりくだった表現と言うものは少ない。それでも日本人的な感覚からすると一番最初に「I am very sorry, but I need your help for tonight because(申し訳ないんだけど今夜はあなたの助けが必要なの、なぜなら・・・)」「I understand you need long off, but I can't deal with him by myself because (長めのお休みの日にしたいのは分かるんだけど一人じゃとても無理なの、だって・・・)」とか言って欲しかった。せめて「I can't accept your idea for today(その考えは今日は受け入れられない)」とかさ~。

雇用主さんも悪気があって言ってるわけじゃないんだけど、時々こういう北米風の直接的表現はワタシの心を踏みにじることがある。それは英語が母国語じゃないからということも大いに影響しているだろう。
加えて、あまりよくなっていないアレルギー症状と今日から飲み始めた強めの抗ヒスタミン剤のせいでかなりグロッキーなワタシ。相手の言葉の裏を読めるだけの冷静さにかけて「なんでこんなふうに言われなきゃいけないの?」とその場にいた友達に当たり散らしてしまう始末、ごめんなさい。

で、結局試合が始まる前に友達の家を後にして、ほとんど試合は見られず。
カナックスは今日、敗北。次の試合は見れるかな~。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家

[PR]
by who54211 | 2010-04-20 15:06 | 仕事 | Comments(12)

運命

学校、ついに暴挙に出た。

午前中の先生、突然の解雇。っておいおい。
金曜の時点で「また来週」って言って去っていったのだが、彼女・・・。その日のお昼、あのこにくたらしい日本人カウンセラーがホクホクしながら「クビにしたから♪やっと新しい先生が見つかったんだよ~」と嬉しげに英語で報告しに着やがった。

・・・これって学校の都合(コースに対する不服を全部彼女に押し付けた)だと思うんだが、彼女はちゃんと解雇通告を受けてたのかしら??どうみても突然解雇のような気がするんだけど。

で、今日から新しい先生がやってきた。
チャイニーズなのだが、日本でも働いてた経験があって、現在はカナダで研修医として働いてるらしい。

この人、年齢不詳なのだ。見た目ものすごい若い。でも大学出て、中国でも日本でもカナダでも働いてるってことは少なくとも三十代後半以上だよなぁ・・・。でもすらっとしてて綺麗な人だ。

授業に対しても前向きだし、少なくとも生徒の要望に答えようという熱意は伝わってくる。
ただ、初日の今日まで、彼女自身授業のマテリアルを渡してもらってなかったのと、ワタシたちがこれまで使っていた教科書の存在も知らなかったし、これまでどの範囲をどの程度カバーしてきたのかも学校側は知らせていなかったらしい。

こんな真っ白な状態で授業しろっていうほうが無理だと思うんだけど・・・。
午後も午後で完全にシステムを変えたらしく、この先生は前からいる先生だけどやっぱり戸惑っていた。

どうしてこんなに意思疎通が取れてないんだろうか?医療の世界(どこの世界もそうだと思うけど)は連携とれないとおしまいだということを知らないのか!!

途中で完全にシステムを変えることに振り回されるこっちの身にもなってほしい・・・。こんなに変えるんなら、今までやってきたことはなんだったのか?

そういえば、先生の交代ってワタシのESL生活にはつきものらしく、最初に行った学校のTOEFLのコースで、4~5回先生が変わった・・・。しかもTOEFLのコースのせいじゃなくてTEFLのコースの先生が突然辞めたせいで・・・。
二回目に行った学校も、やっぱり途中で先生が変わってしまった・・・。

確かにESLの先生って入れ替わり激しいけどさ・・・。特殊コースで期間が決まってる間くらいちゃんと勤めきってから変えてくれよ・・・と思うのは生徒のわがままか?
[PR]
by who54211 | 2007-10-16 09:40 | 愚痴 | Comments(2)