「ほっ」と。キャンペーン

タイトルは常に漢字二文字にこだわっただけの日記。  *広告目的のコメントはwho54211の判断により消去・ブロックさせていただきますのであしからず*


by who54211

再会

ウエストバンのCurvesからやっとこさキツラノのCurvesへ移ったワタシ。
引っ越してからはや2ヶ月。あの忌々しい肋軟骨炎のせいで2ヶ月運動制限がかかっていたからなかなか行けなかったのだ。
やっと医者の許可が出たので、さっそく訪れていったところ

「あら、ウエストバンから?ここ、あそこのオーナーが兼任することになったのよ」

とトレーナーさんに言われた。
え?そうなの???

と思っていたが、特段接触がなかったのでまぁオーナーって言っても毎日来るわけじゃないのだろう。

で、今日から待ちに待っていたZumbaが復活する、ということなので、喜び勇んで行ったら

「あら~待ってたわよ」

と見覚えのある顔、そう、ウエストバンのオーナーさんである。(つっても若いんだけどね)
どうやらZumbaは彼女と彼女のおかあさんで担当するらしい。ほほう。
ただ残念ながら月曜は太極拳とかぶり、火曜日はボランティアとかぶるため、ワタシが参加できるのは水曜日のみ。(木曜は昼の1時なので仕事中だし、金曜日はないのだそうだ)
今日は初日だったせいもあって、参加者3人!ウエストバンでは考えられない!!いつも満員御礼のクラスなのだ。
どうやらZumbaそのものがあんまり浸透してないらしい。聞けば前にこの支店でZumbaを教えてたインストラクター、急に休んだりしていい加減だったらしい。加えてオーナーさんはいわばこの支店では新参者、敬遠されたらしい。
まぁ、ワタシには好都合だったけど、このまま行ったらまたZumbaなくなっちゃったりしないかなぁ???

オーナーが変わったので、やり方もウエストバンのやり方をなぞるらしく、メンバー以外の人が参加できるクラスを閉店後に設けたりするらしい。だからZumbaは土曜日の午後の1時間のクラスを取ろうかなとも思っている。ダンスだけをみっちりするのは久しぶりだけど、しっかり体を動かすのもいいと思う。

なんか、このままCurvesのインストラクターになってもいいかもしれない・・・。福利厚生とかしっかりしてそうだし・・・。
前任のZumbaインストラクターの話をしてたときに冗談でオーナーさんに「じゃぁワタシがZumbaインストラクターに」とか行ったら「そうよ、トレーニング受けたら?」とあっさり薦められた。受けたらそんなすぐになれるのか?簡単だったら受けようかなぁ??ちょっと詳しく今度話聞いてみよう。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生。活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ移住生活へ
にほんブログ村
[PR]
by who54211 | 2012-09-12 13:43 | 報告 | Comments(0)

世代

今朝、Curvesに行く前に銀行で確認したいことがあって、Curvesの近くにある支店でバンカーさんに質問して解決したところで、さ〜今日も動くぞ〜とCurvesに向かってる途中、道ばたにおばーちゃんが倒れてる!!

見ると出血もしてる!!

「大丈夫ですか?」

と声をかけると、返事はある。救急車呼びましょうか?というとそれは必要ないという。
うつぶせになっていたので、とりあえず仰向けに向けてみると、どうやら転んで鼻を打ったらしく鼻血が出てる!!

...こういう時に限って、ティッシュを持ってない!!
おばーちゃん、手で血を拭き拭き「とりあえず靴を履かせて欲しい」というので履かせてあげてると道行くおじーちゃんとフィリピーノっぽいおばちゃんが手を貸してくれて、3人掛かりで立ち上がらせて、近くにあった椅子に座らせる。

「このレストランのメニューを見ようとしてて、段差で転んだ」

という。5センチほどの小さな段差が屋外テーブルのところにあったのだが、それに気がつかなかったようだ。

とりあえず落ち着いたようで「大丈夫だから」と言われて、心配ではあったもののワタシもCurvesのZumbaのクラスの時間が近づいていたので後ろ髪を引かれつつ、その場を後にした。

しばらくしてそのレストランの前を通りかかったら、おばーちゃんはいなかったので、無事に帰ったと思われる。

...で、おばーちゃんと別れてからZumbaのクラスを取って、たのしく踊ってさ〜てじゃぁ、これから睫毛エクステの予約までどっかで時間潰さないとな〜と思っていたら、一緒にクラスを取っていたうちの雇用主さんと同じくらいの年の人に話しかけられた。

「Zumbaは初めて?」
「いえいえ、2週間のトライアルの間に、3回ほど取りましたよ」
「そうなのね〜。動きがすごくよかったわ〜」
「どうもありがとうございます」
「私たち、これからお茶しにいくんだけど、良かったら一緒にどう?」

...というわけで図々しく一緒にお茶をしにいったワタシw。ワタシに話しかけてくれた人のほかにあと二人ほどやはり雇用主さんくらいのお年のようだ。

「Zumbaをやってる人とこうしてお茶をするのが好きなのよ」

とおっしゃるお三方。そういえば先週の土曜日に取った時にも誰かこのうちの一人がいたなぁ...と記憶を辿る。

ワタシの行ってるCurvesのZumbaのクラスは、ほとんど午前中なのだ。だからワタシが参加できるのはお休みの日の金曜、土曜、そして水曜日にだけやってる夕方のクラスだ。どうやらこの三人は平日のZumbaの常連さんのようである。
一度やって、本格的に習おうかとも考えてるくらいワタシにとっては楽しいダンスであるが、どうやらこの三人もすごくはまっているようだ。

聞けばCurves歴は結構長いんだそうで、5年以上通っているらしい。へ〜〜。

以前はCurvesもいろんなところにあったのだが、現在彼女達が通える範囲でZumbaもやっているのがワタシが通っているところだけらしい。それで今はウエストバンクーバーに来ているんだそうな。

しかしまぁ、まさかこんな風にジム友達ができるとはw。

こういうこともあるもんである。




にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家
[PR]
by who54211 | 2012-03-10 12:48 | 人間 | Comments(2)