タイトルは常に漢字二文字にこだわっただけの日記。  *広告目的のコメントはwho54211の判断により消去・ブロックさせていただきますのであしからず*


by who54211

過程

20日に2歳9か月になった息子くん。

毎日のようにトイレトレーニングのアニメを見せてたら、トイレにやっと行く気が出てきたらしく、声を掛けたら行ってくれることが増えたものの、まだまだおむつは外れない。やる気が出てきてくれただけでも感謝。
昨日は夜、一度もおしっこをしなかったらしく、おむつが濡れてなくてびっくりした。

相変わらずの偏食で、食べるものは限られている。しかも手で食べる・・・。飲み物をはき戻したりもする・・・。ちょっとした赤ちゃん返りかしら??

よく歌い、よく動き、よくしゃべる2歳児。

・・・なのだが、先日保健師さんにお会いした時にいろいろ話をしていたら、息子くんはちょっと心配ですね、ということになった。
この年齢でよくある「見て!」という行動がない。目を合わせる回数が少ない。注意しても反応してない・・・などなど、ちょっと不安ですね、ということになり、今度しっかり検査しましょう、という話になった。
まだ連絡ないけど、もし「何らかの障害の疑いあり」ということになったら、専門家のドクターにかかることになるらしい。

さてさてどうなることやら。

お引越しが決まりそうなので、9月からの幼稚園を探そうと思っている。いいとこ見つかるといいな。

娘ちゃんは24日に満4か月になる。
最近はほんとによく笑い、しゃべるようになった。
息子くんと違って、毎週のように身長体重を測ってたのだが、娘ちゃんは息子くんのアクティビティに付き合うために赤ちゃんのクラスに通えないので、月に一度お医者さんのところでしか測ってもらってないのだ。
だいぶ重くなってきたので、ベビービョルンの抱っこ紐はきつくなってきた。

起きてる時間もだいぶ長くなったものの、相変わらずよく眠ってくれて、助かる。
夜も眠る時間が長くなり、夜やおむつ替えの難しいところのお出かけでは紙おむつを使うようになった。

頸は座ってるのか座ってないのか微妙なところ。うつぶせが嫌いですぐ泣いてしまうので、全然できてない。
おっぱいを飲み終わっても乳首に吸い付こうとしようとして、中毒患者のようにブルブル震えて面白いw。
まだ吐き戻すことが多くて、困るのだが、それでもだいぶ減ってはきた。
顔が丸くなってきたものの、やっぱり美人。もう将来小悪魔で稼いでほしいわ。





[PR]
# by who54211 | 2018-05-22 13:03 | 報告 | Comments(0)

母性

世の中のすべてのお母さん、いつもありがとう。

母親になって3度目、娘ちゃんとは初めての母の日だった。
f0129786_11330128.jpeg
Nigel、がんばって息子くんに書かせたらしいw。
f0129786_11335034.jpeg
幼稚園とドロップインで作ったギフトは、ほぼワタシの作品なのだが、きっとこうやって「母の日にはかあちゃんを喜ばせるものを作るんだ」と刷り込んでいくのね。ワタシも刷り込まれたし。
Nigelのお母さんはイギリス式に3月に母の日をするので、すでに終えているのだが、ワタシからは日本の母へ毎年5月にカードを送っている。
母の日って自分のお母さんだけに感謝を改めてする日ではなくて、お母さんという役目を担ってる人すべてを敬う日なんだということを北米に住んでいて実感する。
日本で夫から妻に母の日のギフト・・・というと違和感がワタシにはあったのだが、「お母さん」をしているワタシに感謝を示すために毎年カードと贈り物を送ってくれるNigel。実際に親になってみて分かった。日々の暮らしに彼の子供にはお母さんという役目が必要不可欠だからその敬意を表しているのだ。


その母の日がある週末、晴天の続くバンクーバー。前々から行きたかったので今日は動物園へ。
f0129786_08375594.jpeg
f0129786_08381021.jpeg
f0129786_08382550.jpeg
f0129786_08383820.jpeg
誰がってワタシが一番喜んでたっていうw。ていうかワタシのために行ったんだけどw。息子くんは最後の鳥のショーは楽しんでたけど、動物無関心。娘ちゃんはほぼ寝てたっていう・・・w。

さて、来月の父の日は、実はNigel、大きなイベントが控えているのだが、それについてはまた今度。


ゲリー・ヤングの遺産
[PR]
# by who54211 | 2018-05-14 08:37 | Comments(0)

節目

無事に産まれてから100日生きてきた娘ちゃん。
5月5日こどもの日にお食い初め。
f0129786_13385093.jpeg
息子くんの時は家でやったのだが、招待したのがほとんど息子くんの友達なので、今回はプレイパレスというバウンシーキャッスルが沢山ある場所で。
ちゃんとお赤飯炊いて、煮物、なます、お吸い物そしてメインの鯛の塩焼きも作ってみた(息子くんの時もやった)。
鯛、なかなか見つからず、ギリギリで見つかって良かった。
そしてケーキはいつものように岩渕製菓さんに特別注文。
f0129786_13390853.jpeg
f0129786_13392118.jpeg
もう芸術作品としか言えないりんごのムースとイチゴのジュレが乗ったレアチーズケーキ。Chieちゃんが「綺麗なお顔立ちだから」と娘ちゃんのイメージで作ってくれたりんごの薔薇🌹と可愛いいちごジュレ。Kenjiさんの力作胎児期のあだ名スヌーピーと息子くんが好きなお母さんと一緒のチョロミー(ただ息子くんまだこれ見てないっていうw)。

早産で色々心配された娘ちゃんだけど、ワタシは実はこの子は絶対大丈夫だと思ってた。
なんせバンジージャンプを乗り切ってるからw。
100日、Nigelもワタシも息子くんも今までと違う生活に戸惑ったり、受け入れたり、色々しながらなんとなくペースを掴んで来た。
まだまだ娘ちゃんは体重が平均に届いてないけど、でもスクスクよく育ってくれて息子くんもなんとなく可愛がってくれるようになって本当に良かった。

みんな頑張ったね。今日はみんなの記念日。
お祝いに来てくださった皆さん、本当にありがとう。
皆さんの支えがあってなんとかなってる我が家であることを常に心の中において、今後もがんばるぞ


[PR]
# by who54211 | 2018-05-06 13:38 | 報告 | Comments(0)

遺伝

間も無く3ヶ月になる娘ちゃんは、ようやく新生児の服を卒業しつつある。
大きくなってるけど、まだまだ小さい方にカテゴライズされる。オムツもまだ新生児サイズで大丈夫なとこを見ると、小さい子なんだと実感する。

赤ちゃん特有の寝ハゲができた。
f0129786_12355957.jpeg
「俺と一緒!」となぜか写真に入るNigel。いや君のは真性ハゲだよw。
で、似てるといえば

f0129786_12362575.jpeg
ちょっと分かりにくいが、乳輪に毛が生えてる娘ちゃん...。これも「俺もある」と言われたけど、この子女の子なんだが?赤子の産毛であることを祈る。じゃなきゃ、ゆくゆく永久脱毛よね。
まだまだよく眠るが、ちょっとずつおきてる時間が増え、いろんな表情をするようになった。黄昏泣きがひどくて夕方5時以降はお風呂まで泣き続けてることが多い。昼間ほとんど寝てるのに、それでもいっぱいいっぱいらしい。
息子くんの時は毎日やってたうつ伏せもほぼできない。授乳後は機嫌はいいけど吐き戻すので難しい。

まぁ、頭若干いびつでも顔が美人だからヨシ。

金曜日に2歳8ヶ月になった息子くん。
最近は暇さえあれば歌ってる。
アルファベットを全部認識できるようになり、その辺のものを綴っている。
偏食だが、やはり重い。身長も伸びて来て男の子らし体型になって来た。
体力もついて来たのと、娘ちゃんの抱っこが多いので抱っこしてもらえず、歩く量が増えた。
娘ちゃんを可愛がりたいようだが、加減が難しくよく泣かせている。

最近は自分で踏み台を動かし、欲しいものを取るようになった。

トイレはでてる感覚がよく分かるようになって来たようなので、とにかく教えてを繰り返している。

幼稚園やアクティビティで指示に従って行動できるようになって来たが、ドロップインでは相変わらずマイペース。空気読むにはまだまだ時間が必要。

夜通しで寝てくれる日が増えたが、お昼寝スキップすることも増えた。スキップすると夜は早く寝てくれるので、バランス取っているらしい。

お母さんと一緒のコンサートを歌だけでなくMCまで暗記しててビビる。本もたくさん暗記するのだが、どこに詰まってるんだろう?

娘ちゃんとの兼ね合いで待たせることが増えてるが、待てないw。ワタシが大声出すことが増えた。

それでもやっぱり我慢してることも分かるので、頑張ってることは評価してあげようと思ってる。

どうやら肘内障らしく、時々手を引っ張ると抜けてしまう。今日もなってしばらく痛がってたがそのうち治ったらしい。これ、ワタシもそうだったんだが、成長しないと治らないのでうまく付き合っていこうと思う。

[PR]
# by who54211 | 2018-04-24 12:35 | 報告 | Comments(0)

言語

6週早く産まれた娘ちゃんは、退院した後も小児科に通っていた。

カナダでは、専門家のドクターにはかかりつけ医の紹介状、もしくは入院からのフォローアップでないと通えない。
いきなり専門家の医者には会えないのである。

娘ちゃんは、小児科とかかりつけ医、両方通わないといけなくて、2歳で活発な息子くんを連れていくのは非常に難しく、Nigelかシッターさんに息子くんをお願いしている。

ただ、産後間もなくは呼吸器に問題のあった娘ちゃんも、その後吐き戻し以外になーんの問題もなく、小児科でもかかりつけ医でも同じことをやっているので、正直2か所も回るの面倒だなと思っていたのだ。

先週、娘ちゃんを小児科に連れて行ったら、まだまだ体重は平均に達していないものの、順調に体重も一日20g以上増えているし、ほかに気になることがなければ、もう通わなくて結構ですよ、ということになった。必ず毎月かかりつけ医に通ってくださいね、とは言われたものの、普通、こちらでは新生児は最低生後半年から一年は毎月医者に通うので、特に問題なし。

相変わらずよく眠るので、息子くんのアクティビティに集中させてもらっている。そろそろ娘ちゃんのアクティビティも取り入れていきたいなぁ。まぁ寝てるからできないんだけどw。まだまだ雨が多いバンクーバーではあるものの、晴れることも増えてきたので、公園に遊びに行くことが増えた。

昨日も午後、歩いていける公園に息子くんと娘ちゃんを連れて行った。

二人、東アジアの子供が男女いた。
息子くんがほかの子が滑ろうとしてるところを逆走しようとしたので、止めて、それで気をそらせるために、「シャボン玉しよう」と言ったら、そこにいた子供二人ともついてきた。

それはいいのだが、男の子のほうが断りもせずにシャボン玉の道具を勝手に持ち出した。
何度注意しても「貸してくれ」の一言もない。そのうえ、鼻水だらだら。

「お父さんに鼻拭いてもらっておいで」

と言っても全く理解できていない様子。

一方父親は・・・

ずーっとスマホをいじってる。

そして息子の活動には一切無関心。

ここまではまぁいいのだが、頭に来たのはその父親が言った最後の一言。

「この子英語分からないから、話しかけても無駄だよ」

ちょっと待て。
子供が英語が分からないのであれば、助けてやれよ。
というか鼻水ずるずるのまま、放置するなよ。
どこ行っても問題児扱いされるよ??

世界にはびこるチャイニーズ。どこに行っても中国語だけで生活できることが多い。でも、チャイニーズのコミュニティだけではなく、ほかのコミュニティとも接点があるのであれば、言葉の壁は大きな問題になりうる。カナダで育っていけば、ゆくゆくは英語が上達していくと思うが、乳幼児期は親の母国語のみで生活することも多い。現にうちの息子くんもほぼ日本語で生活している。だからこそ、ほかの子供とかかわる時にはつかず離れずの距離にいるようにしている。それでも子供同士のコミュニケーションのトラブルは起きる。
それでも、その子供の親は、ワタシが説明することで納得はしてくれることが多い。

このチャイニーズのお父さんの説明はワタシ、納得いかんぞ。
次に会ったら、キレるかもしれない。


[PR]
# by who54211 | 2018-04-19 12:35 | 人間 | Comments(0)