タイトルは常に漢字二文字にこだわっただけの日記。  *広告目的のコメントはwho54211の判断により消去・ブロックさせていただきますのであしからず*


by who54211

言語

6週早く産まれた娘ちゃんは、退院した後も小児科に通っていた。

カナダでは、専門家のドクターにはかかりつけ医の紹介状、もしくは入院からのフォローアップでないと通えない。
いきなり専門家の医者には会えないのである。

娘ちゃんは、小児科とかかりつけ医、両方通わないといけなくて、2歳で活発な息子くんを連れていくのは非常に難しく、Nigelかシッターさんに息子くんをお願いしている。

ただ、産後間もなくは呼吸器に問題のあった娘ちゃんも、その後吐き戻し以外になーんの問題もなく、小児科でもかかりつけ医でも同じことをやっているので、正直2か所も回るの面倒だなと思っていたのだ。

先週、娘ちゃんを小児科に連れて行ったら、まだまだ体重は平均に達していないものの、順調に体重も一日20g以上増えているし、ほかに気になることがなければ、もう通わなくて結構ですよ、ということになった。必ず毎月かかりつけ医に通ってくださいね、とは言われたものの、普通、こちらでは新生児は最低生後半年から一年は毎月医者に通うので、特に問題なし。

相変わらずよく眠るので、息子くんのアクティビティに集中させてもらっている。そろそろ娘ちゃんのアクティビティも取り入れていきたいなぁ。まぁ寝てるからできないんだけどw。まだまだ雨が多いバンクーバーではあるものの、晴れることも増えてきたので、公園に遊びに行くことが増えた。

昨日も午後、歩いていける公園に息子くんと娘ちゃんを連れて行った。

二人、東アジアの子供が男女いた。
息子くんがほかの子が滑ろうとしてるところを逆走しようとしたので、止めて、それで気をそらせるために、「シャボン玉しよう」と言ったら、そこにいた子供二人ともついてきた。

それはいいのだが、男の子のほうが断りもせずにシャボン玉の道具を勝手に持ち出した。
何度注意しても「貸してくれ」の一言もない。そのうえ、鼻水だらだら。

「お父さんに鼻拭いてもらっておいで」

と言っても全く理解できていない様子。

一方父親は・・・

ずーっとスマホをいじってる。

そして息子の活動には一切無関心。

ここまではまぁいいのだが、頭に来たのはその父親が言った最後の一言。

「この子英語分からないから、話しかけても無駄だよ」

ちょっと待て。
子供が英語が分からないのであれば、助けてやれよ。
というか鼻水ずるずるのまま、放置するなよ。
どこ行っても問題児扱いされるよ??

世界にはびこるチャイニーズ。どこに行っても中国語だけで生活できることが多い。でも、チャイニーズのコミュニティだけではなく、ほかのコミュニティとも接点があるのであれば、言葉の壁は大きな問題になりうる。カナダで育っていけば、ゆくゆくは英語が上達していくと思うが、乳幼児期は親の母国語のみで生活することも多い。現にうちの息子くんもほぼ日本語で生活している。だからこそ、ほかの子供とかかわる時にはつかず離れずの距離にいるようにしている。それでも子供同士のコミュニケーションのトラブルは起きる。
それでも、その子供の親は、ワタシが説明することで納得はしてくれることが多い。

このチャイニーズのお父さんの説明はワタシ、納得いかんぞ。
次に会ったら、キレるかもしれない。


[PR]
by who54211 | 2018-04-19 12:35 | 人間 | Comments(0)