タイトルは常に漢字二文字にこだわっただけの日記。  *広告目的のコメントはwho54211の判断により消去・ブロックさせていただきますのであしからず*


by who54211

<   2018年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

半年

今日で娘ちゃんは生後6ヶ月。

ほとんどタミータイムをしてないのだがいつのまにかうつ伏せから仰向けには寝返りできるようになっていた。うつ伏せで飛行機ブーンもするようになった。
昨日の検診で体重も6キロになってた。でも息子くんの1/3だから軽いw。
ニコニコしてご機嫌さんなことが多いけど、だんだん声がでっかくなってきたので、泣くとすごいことになるw。
まだ歯が生えてこないのと、息子くんのブースターシートが用意できてないので離乳食はもう少し先延ばしにすることにした。一緒に食卓についてても食べ物じーっと見たりもしないので、本人もまだおっぱいでいいんだと言ってる気がするw。
相変わらず3時間おきに起きるが、泣いて起きずにバタバタ脚を動かしてるだけのことが多い。放置すると泣くのでお腹は空いてるらしい。
今月からスイミングも始め、ちょっとずつ活動量も上げていく方向。

20日に2歳11ヶ月になった息子くん。
相変わらず突然怒り出すが、それでも落ち着いてることが増えてきた。
おトイレはラチがあかないので、スッポンポントレーニングを近々する予定。
お昼寝が飛ぶ、と思ってたのだが、眠りに落ちるのに時間が必要な子だということに今更気づいた。寝たら深く眠るようになった。

Ritsukoさんにお願いして来加された彼女のご両親に堀江さんオススメの奇応丸を持って来ていただいて飲ませ始めた。意外とすんなり飲んでくれたので、効果も期待。

最近は見知った顔のお友達がいると一緒に遊ぶのは難しいが、安心するのか思いっきり遊ぶようになってきた。いろんな人とプレイデートさせたいな。

お手伝いをするのが好きで、まだまだお手伝いにはならないんだけど、やる気だけは削がないよう頑張って我慢している(ワタシが)。
週末に思いっきり丸刈りにしたら、門前の坊主のようになってしまったw。まぁすぐ伸びるさw。

なんだかんだと二人子育てもペースがつかめてきた。
とにかく二人ともがっしり抱きしめられる母ちゃんでいたい今日この頃。



決意表明
[PR]
by who54211 | 2018-07-25 07:17 | 報告 | Comments(0)

血流

6月に受けた堀江さんのワークショップで一念発起!!
血を作って増やして流そう!と図書館で借りてきた。
しかしなんでもあるな、バンクーバー図書館w。
f0129786_12363693.jpeg
電子版もあるのでそのうちKindleで買う予定。
で一気に読んで現在食生活見直し中。
ベジ弁当が7月1週目お休みだったことも利用して、授乳中だけど、夕食断食して、鶏肉中心にタンパク質を摂りつつ、お腹が空くかどうかを感じながら必要に応じて食べるようにした。
息子くん産まれてからは、夕食の時間が5:30前後と早いので、あんまり関係ないかなーと思ってたけど、この夕食断食、終盤がキツかった。
最初のうちは結構余裕だったけど、消化器系がきれいに掃除された影響なのか、最後の二日間は本当に晩御飯食べたかった。

でも完遂したおかげで、寝かしつけの後のスナックは欲しくなくなり、お通じもスッキリするようになった。以前結構残便感に悩んでたのだがそれがなくなった。
息子くんと一緒に食べてたおやつもそれほど必要としなくなった。娘ちゃんはスクスク育ってるしよく飲んでるので、食べる量が減ってもおっぱいには影響出なかったみたい。やって良かった!

6月はそれと同時に
f0129786_12365379.jpeg
産休中のYokoさんからレンタルしたよもぎ蒸しで3日に一度のよもぎ蒸しで冷え性対策。
ワタシは冷たくならないのだが、火照って浮腫む隠れ冷え性なのだ。よもぎ蒸し始めた頃、あんまり汗をかかなかったのが、お返しすることにはだくだくと気持ちよく汗をかけるようになり、むくみも激減。
3日に一度って無理かも??と思ってたんだけど、安定して6:30に眠ってくれる娘ちゃんとNigelが息子くんの寝かしつけを買って出てくれたおかげで思ってた以上にスムーズに自分の時間を作れた。家族の協力に感謝。

これやってみて思ったのが、

「意外とワタシやれるんじゃん」

ってことである。「できない」は「やらない」って言うだけで、やればどうにかなるもんなんだという自信をくれた。

小さい成功っていざという時背中を押してくれるんだと思う。
まだまだやりたいことがたくさんある。でも順番に一つずつやっていけばできるんだ、と夢を形に1ミリずつ作っていこうと思うきょうこのごろ

[PR]
by who54211 | 2018-07-16 12:36 | 報告 | Comments(0)

助成

今日は娘ちゃんのCuddleプログラムの初日。

このプログラムは乳児を抱えるお母さんに週に2時間、ボランティアの人が来て、赤ちゃんを見ていてくれるというものだ。
シッターさんではないので、一緒に行動しなきゃいけないのだが、娘ちゃんを見ていてもらえると息子くんに集中させてもらえるので、お外遊びの時はすごく助かる。
f0129786_12301127.jpeg
ボランティアさんに抱っこされてご機嫌な娘ちゃん。

ワタシ、このプログラムのボランティアさんって高齢の方ばっかりだと思ってたんだけど、この人多分ワタシと同世代。普通に仕事をしていてその合間にこうして娘ちゃんをお世話しようという崇高な心意気な持ち主さんである。

ホテルで働いていらっしゃるそうで、バンクーバーのコンテンポラリーカードをお持ちだとのこと。これがあると無料で市内のいろんな施設を無料で利用できる。
なんて有難い人との巡り合わせ!!
彼女が午前中ボランティアできる時に色々行こう。

このCuddleプログラムは、誰でも利用できるわけではなく、産後うつの診断が必要である。重度でも軽度でもダメで、中程度のうつであるお母さんが対象である。

ワタシは、娘ちゃんの産後は息子くんに比べて非常に経過はいいのだが、SSRIという抗うつ剤を服用していること、産後うつで精神科に通っていることでプログラムに入れてもらうことができた。

実はこのプログラム、娘ちゃんを出産してすぐに保健師さんにお願いしてたのだが、何故か話が進まず、息子くんの発達診断で家に来てくれた別の保健師さんが手続きをしてくれたのだが、娘ちゃん頸が座りニコニコと愛想が良くなってきた今の時期になってからで良かったのかもしれない。

あー毎週こうやって助けてもらえるなんて有難い!


[PR]
by who54211 | 2018-07-06 12:29 | 報告 | Comments(0)