タイトルは常に漢字二文字にこだわっただけの日記。  *広告目的のコメントはwho54211の判断により消去・ブロックさせていただきますのであしからず*


by who54211

タグ:息子くん ( 139 ) タグの人気記事

過程

20日に2歳9か月になった息子くん。

毎日のようにトイレトレーニングのアニメを見せてたら、トイレにやっと行く気が出てきたらしく、声を掛けたら行ってくれることが増えたものの、まだまだおむつは外れない。やる気が出てきてくれただけでも感謝。
昨日は夜、一度もおしっこをしなかったらしく、おむつが濡れてなくてびっくりした。

相変わらずの偏食で、食べるものは限られている。しかも手で食べる・・・。飲み物をはき戻したりもする・・・。ちょっとした赤ちゃん返りかしら??

よく歌い、よく動き、よくしゃべる2歳児。

・・・なのだが、先日保健師さんにお会いした時にいろいろ話をしていたら、息子くんはちょっと心配ですね、ということになった。
この年齢でよくある「見て!」という行動がない。目を合わせる回数が少ない。注意しても反応してない・・・などなど、ちょっと不安ですね、ということになり、今度しっかり検査しましょう、という話になった。
まだ連絡ないけど、もし「何らかの障害の疑いあり」ということになったら、専門家のドクターにかかることになるらしい。

さてさてどうなることやら。

お引越しが決まりそうなので、9月からの幼稚園を探そうと思っている。いいとこ見つかるといいな。

娘ちゃんは24日に満4か月になる。
最近はほんとによく笑い、しゃべるようになった。
息子くんと違って、毎週のように身長体重を測ってたのだが、娘ちゃんは息子くんのアクティビティに付き合うために赤ちゃんのクラスに通えないので、月に一度お医者さんのところでしか測ってもらってないのだ。
だいぶ重くなってきたので、ベビービョルンの抱っこ紐はきつくなってきた。

起きてる時間もだいぶ長くなったものの、相変わらずよく眠ってくれて、助かる。
夜も眠る時間が長くなり、夜やおむつ替えの難しいところのお出かけでは紙おむつを使うようになった。

頸は座ってるのか座ってないのか微妙なところ。うつぶせが嫌いですぐ泣いてしまうので、全然できてない。
おっぱいを飲み終わっても乳首に吸い付こうとしようとして、中毒患者のようにブルブル震えて面白いw。
まだ吐き戻すことが多くて、困るのだが、それでもだいぶ減ってはきた。
顔が丸くなってきたものの、やっぱり美人。もう将来小悪魔で稼いでほしいわ。





[PR]
by who54211 | 2018-05-22 13:03 | 報告 | Comments(0)

母性

世の中のすべてのお母さん、いつもありがとう。

母親になって3度目、娘ちゃんとは初めての母の日だった。
f0129786_11330128.jpeg
Nigel、がんばって息子くんに書かせたらしいw。
f0129786_11335034.jpeg
幼稚園とドロップインで作ったギフトは、ほぼワタシの作品なのだが、きっとこうやって「母の日にはかあちゃんを喜ばせるものを作るんだ」と刷り込んでいくのね。ワタシも刷り込まれたし。
Nigelのお母さんはイギリス式に3月に母の日をするので、すでに終えているのだが、ワタシからは日本の母へ毎年5月にカードを送っている。
母の日って自分のお母さんだけに感謝を改めてする日ではなくて、お母さんという役目を担ってる人すべてを敬う日なんだということを北米に住んでいて実感する。
日本で夫から妻に母の日のギフト・・・というと違和感がワタシにはあったのだが、「お母さん」をしているワタシに感謝を示すために毎年カードと贈り物を送ってくれるNigel。実際に親になってみて分かった。日々の暮らしに彼の子供にはお母さんという役目が必要不可欠だからその敬意を表しているのだ。


その母の日がある週末、晴天の続くバンクーバー。前々から行きたかったので今日は動物園へ。
f0129786_08375594.jpeg
f0129786_08381021.jpeg
f0129786_08382550.jpeg
f0129786_08383820.jpeg
誰がってワタシが一番喜んでたっていうw。ていうかワタシのために行ったんだけどw。息子くんは最後の鳥のショーは楽しんでたけど、動物無関心。娘ちゃんはほぼ寝てたっていう・・・w。

さて、来月の父の日は、実はNigel、大きなイベントが控えているのだが、それについてはまた今度。


ゲリー・ヤングの遺産
[PR]
by who54211 | 2018-05-14 08:37 | Comments(0)

遺伝

間も無く3ヶ月になる娘ちゃんは、ようやく新生児の服を卒業しつつある。
大きくなってるけど、まだまだ小さい方にカテゴライズされる。オムツもまだ新生児サイズで大丈夫なとこを見ると、小さい子なんだと実感する。

赤ちゃん特有の寝ハゲができた。
f0129786_12355957.jpeg
「俺と一緒!」となぜか写真に入るNigel。いや君のは真性ハゲだよw。
で、似てるといえば

f0129786_12362575.jpeg
ちょっと分かりにくいが、乳輪に毛が生えてる娘ちゃん...。これも「俺もある」と言われたけど、この子女の子なんだが?赤子の産毛であることを祈る。じゃなきゃ、ゆくゆく永久脱毛よね。
まだまだよく眠るが、ちょっとずつおきてる時間が増え、いろんな表情をするようになった。黄昏泣きがひどくて夕方5時以降はお風呂まで泣き続けてることが多い。昼間ほとんど寝てるのに、それでもいっぱいいっぱいらしい。
息子くんの時は毎日やってたうつ伏せもほぼできない。授乳後は機嫌はいいけど吐き戻すので難しい。

まぁ、頭若干いびつでも顔が美人だからヨシ。

金曜日に2歳8ヶ月になった息子くん。
最近は暇さえあれば歌ってる。
アルファベットを全部認識できるようになり、その辺のものを綴っている。
偏食だが、やはり重い。身長も伸びて来て男の子らし体型になって来た。
体力もついて来たのと、娘ちゃんの抱っこが多いので抱っこしてもらえず、歩く量が増えた。
娘ちゃんを可愛がりたいようだが、加減が難しくよく泣かせている。

最近は自分で踏み台を動かし、欲しいものを取るようになった。

トイレはでてる感覚がよく分かるようになって来たようなので、とにかく教えてを繰り返している。

幼稚園やアクティビティで指示に従って行動できるようになって来たが、ドロップインでは相変わらずマイペース。空気読むにはまだまだ時間が必要。

夜通しで寝てくれる日が増えたが、お昼寝スキップすることも増えた。スキップすると夜は早く寝てくれるので、バランス取っているらしい。

お母さんと一緒のコンサートを歌だけでなくMCまで暗記しててビビる。本もたくさん暗記するのだが、どこに詰まってるんだろう?

娘ちゃんとの兼ね合いで待たせることが増えてるが、待てないw。ワタシが大声出すことが増えた。

それでもやっぱり我慢してることも分かるので、頑張ってることは評価してあげようと思ってる。

どうやら肘内障らしく、時々手を引っ張ると抜けてしまう。今日もなってしばらく痛がってたがそのうち治ったらしい。これ、ワタシもそうだったんだが、成長しないと治らないのでうまく付き合っていこうと思う。

[PR]
by who54211 | 2018-04-24 12:35 | 報告 | Comments(0)

均衡

20日に2歳7か月になった息子くん。

真似をして体を動かすことが楽しいということに気が付いたらしく、お母さんと一緒とかピタゴラスイッチの体操を一緒にやるようになり、平日の朝はNigelと一緒にラジオ体操(ここポイント!!)をしている。おかあさんといっしょの体操に至っては、体操が始まる前のコーナーになるとソファから飛び降り、準備万端で待つほど好きらしい。
最近はいろんな人に「やせたね」と言われる息子くん。背が伸びて顔つきが締まってきたらしい。毎日見てると分からない母w。写真見比べてやっと納得。

雨続きでしばらく公園遊びができなかったのだが、知らない間に登れるところが増えて、一人で勝手に遊ぶことが増えた。ただ、梯子を下りる方法を何度教えても覚えないので、時々危ない。あれだけ執着していたブランコには興味を失ったらしい。

言葉の方もかなりボキャブラリーが増えたのだが、何度言っても「ブンバボン(おかあさんといっしょの体操コーナー)」を「べぼばぼん」といい、そのなかに出てくる「トカゲ」を「ほかね」という・・・。他にもいろいろあるのだが、一体どこから来てるのか分からない単語もしばしばある。

娘ちゃんに対しては、気にはなるけど、そこまで積極的には関わらない。家にNigelがいる時にはNigelにべったりなので、Nigelが娘ちゃんを抱っこしてると激しく嫉妬する。気を引きたいのか、私たちが嫌だという行為を繰り返したりするので、性質が悪い。無視に徹する。

日本語の字に興味をあまり示してないのだが、アルファベットはすごく好きなようで判別できるようになった。しゃべる方は日本語が強いのだが、読み書きはやっぱり弱くなるかなぁ・・・。興味示してくれれば伸びると思うけど、まぁ無理はしなくて結構だ。

相変わらずの偏食ではあるものの、ワタシやNigelのお皿に乗ってる食べ物に時々興味を示すようになり、食べてくれることも増えた。出すこともあるけどw。育ってるのでヨシとする。

おトイレは引っ越しも控えてるし、あまり無理に行けとは言ってないが、排泄物が出てくるのは分かるらしく、事後報告される。してくれるだけありがたいので、ここからトイレに誘導していければいいかなぁ・・・。

お友達のことも気になり始めたようだが、なんせ体が重たく、パワーがあって、ハグしようとして押し倒しちゃうこともよくあり、泣かすこともしばしば。まだ一緒に遊ぶ、ということはできない年齢ではあるものの、愛情表現がうまくできるようになるといいなぁ・・・。

そして、今日2か月になった娘ちゃん。
相変わらずよく眠る。夜通し寝ることは布おむつなのでまずない。濡れて気持ち悪くて起きるのだ。3時間で限界であるw。夜だけ紙おむつにしてもいいのだが、体重がまだ平均ギリギリなので、せめて小児科通いが終わるまでは3時間おき授乳を続ける(怒られるので)。でもよく寝てくれるので、午前中は息子くんのアクティビティに集中させてもらっている。妹に感謝しろよ、息子よ。

ただ、起きてても機嫌がいい、という時間が極端に少ない。特に夕方の黄昏泣きはひどくて、息子くんとの夕食の時間帯は、ここ数日、ずーっと娘ちゃんの泣き声を聞いてる気がする。抱っこもおしゃぶりもバウンサーもまるで効果がなく、おっぱいにも食いつかず。不思議にお風呂に入ると機嫌が直る。

そんななので、タミータイムと呼ばれるうつぶせの時間なんぞほぼ皆無に等しい。息子くんの時は毎日やってたのだが。
この前偶然機嫌が良くて、授乳して時間も経ってたので、やってみたら頸持ち上げて、顔の向きを変えてた。どこでその力身に着けたのだ??

おっぱいはしっかり飲めるようになったものの、吐き戻しが相変わらずで、涎掛けをずっとしている。頸が座るころには落ち着くというけど、飲んでも吐いてたら、体重増えなくないか?と心配する母である。身長が伸びてるのはよく分かるんだけど、体重は日々抱っこしてるとまったく分からない。月曜日の受診で増えてなかったらやだなあ。

エルゴのインサートを購入したものの、お友達に借りたベビービョルンの抱っこ紐のおかげで出番がない。体重が軽いから肩だけで支えるベビービョルンでも全然大丈夫なのだ。辛くなるころには頸座ってそう・・・。売ろうかな、インサート。

息子くんの時はクリブで寝かせることにこだわったお昼寝も、「夜は寝てるからヨシ」とばかりに昼はほぼカーシート、抱っこ紐、バウンサー、そしてストローラーで寝ている。というか気づくと寝てる。

早産の子って、月齢はどうやって考えたらいいのか分からない。娘ちゃんは6週早かったので、産まれてから2か月だけど、本来ならまだ1か月も経ってないことになる。なので、多少の遅れはいいか、とすることにした。

3月に入ってNigelが完全に仕事に復帰したのだが、意外なほどワタシの状態は良好で、心も体もそれなりに元気にやっている。寝不足は否めないけど、追い詰められてはいない。息子くんの時はあれほど悩まされた泣き声も、娘ちゃんが泣いてても割と冷静に対処でき、泣き続けてても自分を責めることはない。さすがに二人同時に「うわー!」と泣かれると「今かよ??」と思うけど、それくらいである。

一番の違いは、息子くんのアクティビティを優先して外へ出て、ちゃんと人とかかわってることだろうな。

ちゃんと話を聞いてくれる人がいるってほんとに大切である。







[PR]
by who54211 | 2018-03-25 12:46 | 報告 | Comments(0)

選択

昨日息子くんは2歳5か月になった(そういえば2歳4か月の時に書くの忘れた)。

自己主張が強くなり、まったく気にしなかった洋服にこだわりが出始めた。
長袖は断固拒否で、この真冬のさなかに毎日半そで。まぁカナダはセントラルヒーティングだから屋内はいいけどさ。外に出る時はかろうじてジャケットを着てくれる。
パジャマもそうで、長袖のものは着なくなったので、毎朝毎晩「どれ着るの?」と選ばせるようになった。ズボンにこだわりはないらしく、どれでも履いてはくれるのだが、裾を折り曲げろと毎日言う…。なんでなのかワタシには全く理解できない。

父ちゃんがいると大興奮することが多く、昨日今日とNigel、昼寝寝かしつけに失敗。今日ワタシにバトンタッチしたら、ものの5分で寝たっていう・・・。父ちゃん、落ち込んでたけど、楽しい遊び相手として認識されてる証拠なのだよ、と慰めておいたw。

言葉はオウム返しも増えた(特に英語)けど、だいぶ自分の言いたいことをきちんと伝えられるようになった。クリスマスにワタシはNigelから時計をもらったのだが、その影響かアナログ時計にすごく興味を示すようになり、時計を見つけるたびに大興奮している。

形合わせのおもちゃに興味を示し始めて、形の名前を憶えてくれたり、本を空で暗記したり、興味を示したものに対する記憶力ってすごいなぁと実感するが、毎日習慣にしてほしいことは覚えてくれないw。そんなもんだよな、子供ってw。

で、この年頃ならではの課題、「トイレトレーニング」。
お友達のTakamiちゃんがFBで「できたらシールを貼らせる」ってやり方を新年始まってからやらせよう!と意気込んだ母は、Bradさんにいただいたバンクーバーの景色を描いたカレンダーとバンクーバー素敵”エロ”女子、ハートリー明子さんのハワイ土産でいただいたセクスィー男子のカレンダーを並べて、「どっちでやる?」と本人に聞いたら
f0129786_14054734.jpeg
本能的に「あげまん女明子」からもらったことを嗅ぎつけたのか、もしくはセクシャルマイノリティなのかは定かではないのだが、まぁこれで本人の意欲が上がるなら、いいとしよう。
f0129786_14060008.jpeg
大体朝一か、お風呂の前におしっこ成功するので、その時にほめたたえて、あとはおむつ替えの時に聞いたり、ワタシが行くときに一緒に行って座ってもらったりしている。
最初は子供用便座を使っていたのだが、妊娠後期に入って息子くんを持ち上げるのが大変になったので、おまる購入したら、意外と息子くん、気に入ったらしく、最近はずっとそれでしている。
大きい方が出る時と小さい方が出る時の区別がまだないらしく、大きい方が出そうなときのほうが「おトイレ座る、おトイレ行く!!」ということが多い。でも結局出なくてその後おむつですることがおおい。ま、いいんだけど。

食べる量が最近増えたのだが、縦に伸びたので、全体に締まってきた。偏食は相変わらずで、食べても嫌なものは出すのだが、大丈夫なものは食べる。ほぼ毎日「ごはん・豆腐・きんぴら」の夕食。好きな豆腐は自分で食べ、残りは手伝えば完食する。お腹空いてるんじゃん!食えよ!!と言いたいのだが、食べてくれるだけヨシにしている母。お昼はワタシのものに手を出したりするし、週に一度のAkoさんのお弁当ではいろいろな野菜も食べてくれるのでそれでバランス取ってるんだろうと思う。育ってるし、お通じもいい。牛乳好きも相変わらず。最近はウォーターケフィアもガンガン飲むし、腸内環境よさそうだ。

スヌーピーさんのことは分かってるのかどうなのか「???」なのだが、たまに自分のおなかを出して「スヌーピーさん、出てきたね」とか言っているw。今しか父ちゃんと母ちゃんを独占できない、とわかっているのか、抱っこ星人。あまりにもお腹が張るときは我慢してもらうけど、座って抱っこする分には思う存分抱っこしている。

ここ一か月くらいは、添い寝しなくても夜通して寝てくれることがほとんどになったのだが、いかんせん妊娠後期に入り、ワタシがトイレに起きるので、全然意味がないw。お昼寝を一緒にしてなんとか乗り切っている。

春の出産で良かったなぁとほんとに思う。来月までに息子くんがスヌーピーさんに対する意識がどうなるか、ちょっと楽しみ。



身体反応
[PR]
by who54211 | 2018-01-22 14:05 | 報告 | Comments(0)

比較

土曜日にスヌーピーさんの3Dウルトラサウンドを撮りに行った。

見た瞬間、「あー息子くんの3Dの写真によく似てる」と思ったのだが
f0129786_08004107.jpeg
f0129786_08010706.jpeg
比べると息子くんよりフェミニンな気もする。(上:スヌーピーさん、下:息子くんスポット時代)
というか、やっぱり違うね。別人だもんね。
でも似てたのは、息子くん同様、ずーっと手で顔を隠しててなかなか全貌を見せてくれなかったことw。手足もチェックしてくれて、ちゃーんと指を確認してくれた。
f0129786_08015416.jpeg
息子くんは撮影中、ずっと技師さんのコンピューターが気になり、ワタシの寝ているベッドによじ登ろうとしていた。でも20分、よく頑張ったね。

そして昨日は産科の受信。27週にしてやっと息子くんもお世話になった(取り上げてくれたのはオフィスをシェアしてるお医者さんだったが)お医者さんである。

「二人目は体重の増え方も腹の出方も胎動も早くなる。でもかまっちゃいられないよね、息子くんに忙しくて。」

...その通りだw。

息子くんは緊急帝王切開での出産だったので、

「正常出産にトライするか、予定帝王切開にするか、どうしますか?」

と聞かれた。予定帝王切開なら38週過ぎに、正常出産なら、陣痛が来るまで待つことになる。
ワタシが出産を予定しているBC Women‘sホスピタルでは、帝王切開後の正常出産を推奨している節がある。
f0129786_08295059.jpeg
日本で人気の産科ドラマ、「コウノドリ」ではTOLACという呼称を使っていたが、こちらではVBACと言われることが多い。
もちろん、どんな形の出産であれ、出産であることには変わりなく、息子くんを帝王切開で出産したことも後悔していない。

でもやっぱり普通に産んでみたいので、VBACでお願いすることにした。よほどのことがない限り、促進剤は使えない。
陣痛も経験してるし、子宮口も7センチまで開いたから、スヌーピーさんの出産は陣痛開始から早いだろう、というお医者さんの見立て。

出産予定日まであと4回産科に通う。今回はNigelに付き添ってもらったけど、次から息子くんと2人で通う(昼寝の時間を考えるとNigelの昼休みに予約を取るのが難しかった)。
息子くん、ここでもベッドによじ登ろうとして、踏み台から足を滑らせて頭ぶつけてた(そしてその後も懲りずに登ってたw。学べよ)。でもお医者さんにシールもらって機嫌良くなってたw。

後は引っ越しがなぁ。早くできないかなー、新居。


[PR]
by who54211 | 2017-12-07 08:00 | 報告 | Comments(0)

記録

2歳3か月になった息子くん。

そんな朝、

「おしっこ、行く」

と言い、トイレに座らせたら、無事におしっこをしていた。今までも「おしっこ」とは言ってはいたけど、いつも空振りだったのだ。
布おむつからワタシの便宜のために紙おむつに替えて、「濡れた感覚」が分らなくなってしまって以来、「あーこりゃトイレトレーニング時間かかるかもな」と思ってたけど、トイレトレーニングの本は大好きで何度も読みたがるし、それなりに本人はトイレに興味があったから、心配しただけ無駄だったらしい。しばらくは子供用の便座を持ち歩く日が続くかな。

ワタシから見ると驚異的な記憶力を持っている息子くん。耳コピだけでいくつかの童謡を歌い、好きな絵本をそらんじるようになった。
急に「おかあさん なあに おかあさんって いいにおい」って歌いだしたときには、びっくりした。これ以外に「さっちゃん」と「赤とんぼ」は幼稚園でもリトミックでも歌わないのに、寝かしつけで歌ってただけで覚えたらしい。
日本語の本もよく覚えるが、Nigelがいつも読んであげてる英語の本もよく覚えている。多分、楽しいとか安心するとか心地いい状態だとよく覚えるんだろう。

・・・必死に手に覚えさせてた中高生時代を思い返すわ~。あれは苦痛以外の何物でもなかった。もうさっぱり思い出せないわ。

食べ物は相変わらず偏食・・・というか、確実に食べてくれるものしかワタシが出さないので、偏ってる。ワタシやNigelが食べてて興味を示したらあげるけど、その後出されたりすることも多い。麺類と豆腐と牛乳にスコーン、そして離乳食のパックで生きてる。たまに南瓜やニンジンも食べるし、週に一度、Akoさんのベジ弁当はもりもり食べるので、食べる能力はあるってことでヨシにしている。
でも、「お薬」と称して飲ませ始めたニンシアレッドとウォーターケフィアは大好き。おかげで快腸な息子くんである。
おやつであげてるクラッカーを、以前は割れたものは食べなかったのだが、食べるようになっていた。

11月に入り雨が続くバンクーバー。午前中はなんとか予定をいれるが、午後は家でテレビと音楽が中心になった。夏の間は「公園行く」とよく言ってたけど、寒くなってきたら言わなくなったなぁ・・・。今日、ラジオで「5歳までは一日3時間は身体活動をさせるべき」みたいなことを言ってたが、どこでやれっちゅうねん!!とこの季節は思う。夏にしっかり動いてたからヨシとするw。

いまだに両足でジャンプができない息子くん。ジャンプがぴょんぴょんするものだ、という認識はあるようだが、両足ではできない。
乾燥して唇が荒れてしまったので、リップクリームを塗ってあげたら、それ以来「ヌリヌリする!」と言って自らリップクリームを塗るようになった。小さいキャップも外せるようになった。

お遊戯や絵本は好きなのだが、クラフトは今も興味がないらしく、大好きな幼稚園もその時間だけはぐずる。ハサミが出てくると盛り返すが、左利きなので、右手でやらせようとするとやはり暴れる。左利きのはさみ買おうかな・・・。
この前クラフトフェアで日系プレースに行ったら、幼稚園のところまで走って行って必死にドアを開けようとしてた。そんなに好きなのか。

ピアノが最近お気に入りらしく、何かというと「ピアノ弾く!」というのだが、もちろんうちにピアノはないw。ピアノのあるところに行ったら、しばらくピアノからうごかないし、ピアノの鍵盤に見立てて、そこらのお店のシェルフやらカウンターを叩いてたりもする。クリスマスギフトはもうこうなったら決まってしまった。

アンパンマン一本やりだったテレビは、ピタゴラスイッチにもはまり、その中でもお気に入りのコーナーしか興味を持ってなかったのに、最近はちゃんと通しで楽しめるようになった。アンパンマンも同じエピソードばかり見てたのが、どのエピソードでも楽しめるようになってくれた。

お腹の中のスヌーピーさんが気になるらしく、抱っこして座るとおっぱいをなでながら(お腹じゃないのがミソw)、「スヌーピーしゃん」と言っている。でもスヌーピーさんが蹴っ飛ばしてるとこを触らせるとビビっているw。
「スヌーピーさんがいるから母ちゃんは無理できない」と言ったことは分かるらしく、背後からワタシに登ろうとしたり、抱っこして歩くことをせがむことが減った。添い寝の時もお腹を蹴ることはほぼなくなった。

「〇〇みたい」という使い方を覚えてよく使うようになった。「ピアノみたい」とか「泣いてるみたい」とか絵や写真を見ながらよく言っている。会話が文章になってきたけど、時々意味不明な言語も使い、特に寝かしつけの時はよくわからない単語を羅列し、急に「抱っこ」と言ったりもする。彼の中では文章なのだろうが、翻訳こんにゃくがいるw。

何よりも大きなけがもなく、病気もしてない。風邪も鼻水で終わることが多い。健康ってありがたいわ。




[PR]
by who54211 | 2017-11-21 15:08 | 人間 | Comments(0)

対面

ずっとベビーシッターをお願いしていた方から連絡が来なくなってしまったので、新たなシッターさんを探し始めた。
昼間はありがたいことに「いつでも言って~」と言ってくださるお友達が結構いるので、大丈夫なのだが、スヌーピーさんが産まれるまで4か月を切った今、Nigelとデートできるのもおそらくそれまでで、そこからはしばらく二人きり、ということが難しくなることを考えると、早く見つけなきゃ、と焦っていたのだが、単発で引き受けてくれる人って今、少ないのね( ノД`)シクシク…。

でもなんとか二人の方からお返事をいただき、今日そのうちのおひとりと面接。

日本で5年保育士として働いておられて、現在はフルタイムでこちらのレストランで仕事をしてらっしゃるのだが、教会でチャイルドマインドをしていたりもするとのこと。
きちんとレジメも持ってきてくださって、きちんとしてる印象だった。

息子くんがお昼寝しているうちに少しゆっくりお話しをさせてもらって、息子くんが起きたらちょっと顔合わせしておこう、と思ったのだが・・・。

こういう日に限って、意外と起きない息子くん・・・。3時前に起こす。
昼寝の寝起きは悪いことが多く、今日もぐずぐずだったのだが、シッターさんを見たら、緊張したのかはにかんでぐずぐずを終了させた。

・・・気に入ったのかしら??そんならいいけど。

念のために「断乳後は家を出る時にものすごく泣くようになりました」ということは伝えてあるし、保育園でそういう子もたくさん見てきてるだろうから大丈夫そうだ。

バンクーバーに来てまだ半年だという彼女は、聞き覚えのある訛りがあったので、出身を訪ねたら福岡は大牟田だそうで・・・。ワタシの父親は福岡の出身、姉は福岡県立大学を卒業している。福岡には縁があるのだ。
福岡出身といえば、NaokoちゃんとHisaeさんだよなぁ。紹介したらローカルトークで盛り上がるに違いない・・・。

いい人で良かった。





雨季
[PR]
by who54211 | 2017-11-15 14:00 | 人間 | Comments(0)

吐露

土曜日はアロマフェア以来に訪れた香りの宮殿、アロマージュ、コキットラム教室へ。

f0129786_11524573.jpeg
f0129786_11525942.jpeg

毎度毎度、女子ゴコロをくすぐり、テンションを上げてくれるこの空間❤️

今回はハンドトリートメントのクラス。
アロマフェアでも好評のこのトリートメント、希釈されたオイルを使うので、妊娠中のワタシも大丈夫。まぁ妊娠初期、3ヶ月過ぎた頃からは精油のかおりで「うっ」っと来ることももうなくなったのだが、ホルモンバランスの変動が大きい妊娠中は、気をつけなきゃいけないものもあるらしい。ダメだ、と思ったら使わないに越したことはない。妊娠中、大きな病気の時は脳ではなく、身体と赤ちゃんが拒否するのだ。通常であれば、それは脳のブロックが働いてるだけで、Saki先生曰く「本当に必要なのは、『これ絶対無理!!』だと思う精油」なのだそうだ。

今回はフェアに来てくれたMasakoさんも巻き込みw、他にバンフとソルトスプリングアイランドからはるばるやって来られた生徒さんの合計4名での受講。

このハンドのクラスに限らずだが、アロマージュで教わるトリートメントは全て受ける側だけでなく、施術するする側も癒されるというものである。香りは四方8Mに飛散するので、施術者も吸い込んでるからね〜。直接触るし。

このハンドのクラスは、トリートメントの方法を教わるのがメインと思いきや、実はアロマリーディングがメインである。
潜在意識の選んだ精油3本から、Saki先生が精油の声を聞いてくださるというもの。

いろんな意味でセルフケアに勤しんでたつもりだったけど、また今回も「もっと自分を大事にしよう」が強烈に出ていたらしい。面白いもので、クラスを受講すると、本質が似ている人間が集まることが多く、今回も四人とも「頑張ってる」のが当たり前、「甘え下手」な人の集まり。不思議。

そしてだな、自分のだけではなく、他の人のリーディングの最中から、ワタシのお腹は痛くなり、ギュルギュルものすごい音を立てていた。子宮ではなく、消化器系が動いてる音。いろーんな意味で消化をしていたらしい。特にその後下痢などのトラブルもなかったから、リーディング効果なんだと思う。

そんなリーディングの後のトリートメントは、まさに至福のときである。

そんな一連の話をNigelにしたら、「やって欲しい」と言うので、早速トライ。
本来はちゃんと彼用にオイルを作った方がいいのだが、この際ワタシ重視。クラスで調合したものをまんま使い、適当にYoutubeで英語のアファメーションの音源を引っ張ってきて施術。

で、やりながら

「あぁ、ワタシはこの手に触れられて、この手で触ってもらえて幸せだなぁ」

と実感。自分を慈しみ、包んでくれる人に出会えたことが何よりも幸せであることを再確認した瞬間だった。

Nigelもすごくゆったりして心地よい時間だったようで何より。今度はやってもらおうっとw。

息子くんは、そんな大切なNigelで半分できている。もう半分はワタシ自身。
愛されて当然の存在である。

「人間はみんなそこにいるだけで愛される」

それを妊娠中からずーっと教え続けている息子くん。産後うつで一時期本気で可愛いと思えなかったこともあったけど、それはあくまでも病気のせい。自分は存在したら、愛されるのだ。なぜかいつのまにか忘れてしまう大切な事実。

湧き上がる感情を味わい、自分の本能に従い、そして愛を噛みしめる。当たり前のことができなくなってしまう大人。だからこそ気づけたこと、教えてもらえたことに感謝して、人生楽しんでいこうと再認識したクラスだった。


[PR]
by who54211 | 2017-11-06 11:50 | 人間 | Comments(0)

半分

息子くんは今日で2歳2か月。

最近は、幼稚園の先生に夢中。週に一度だけなのに、毎日のように「きょうこ先生、きょうこ先生」と言い続けている。
この「きょうこ先生」が「ひろこ先生」に聞こえるのはワタシだけではないはずだ。

Risaさんのリトミックは生後8か月から受けているのだが、2歳過ぎて参加し始めた幼稚園で教わったことの方が、吸収率がいい。それだけ言葉が理解できてるってことなのか、としみじみ思う。Youtubeで息子くんのプレイリストを作り、それを流すと静かになる。以前は「歌って!!」ばっかりだったのだが、最近は「流して!」と言ってくれるようになり、助かっている。
リトミックのおかげで、歌とお遊戯は大好きなようで、幼稚園でも、歌とお遊戯は楽しそうだが、工作は嫌い。嫌ならやらなくてもいいと思うのだが、座っててくれないので、どうしたものかなぁといつも思っている。放置するわけにもいかず、膝の上に乗せたりしてみてもすぐ逃げ出す・・・。
まぁ他のことはやってるからいいのか。

幼稚園であんぱんまんの紙芝居やら何やらが出てくるので見せ始めたら、すっかりはまってしまったのだが、謎なのが、いつも同じエピソードばかり見る。
お気に入りエピソードが「ポッポちゃん(これも「こっこちゃん」となぜか呼ぶ)」と「ニガウリマン」。新しいエピソードを録画しててもそっちには興味がなく、見せようものなら「アンパンマン見るの!!」と烈火のごとく怒る。全部アンパンマンなんだがw。これは本も一緒で、同じ本を10回読まされたりすることもある。

三半規管が強いらしく、気が付くとよくくるくる回っている。サカサマになってそこからバク転するのも好きで(手伝いは必要だが)、日に何十回とやってたりする。

食べ物は相変わらず偏食。牛乳と麺類とアップルソースで生きている。週一回のAkoさんのお弁当はもりもり食べるのでヨシとする。Ritsukoさんのおかげでコーンミールのスコーンを自分で焼けるようになったのだが、それも喜んで食べてくれるので、まぁいいか。

石、スーパーボール、ウクレレのどれかを持ち歩くことが多い。あと最近はモップも好き。床拭いてくれる時もあるが、纏のように持ち上げて遊んでることが多い。お絵描きで〇を描いたり、粘土を触るのも好きだけど、それで「何かを作る」という発想はまだないらしい。Nigelの忍耐強い取り組みのおかげで、大きなレゴやブロックを積み上げたり組み合わせたり、ということはできるようにはなった。

そんななか、スヌーピーさんは20週を過ぎた。妊娠も期間も折り返しである。2週間ほど前から外から触っても動いてるのが分かるようになり、時々抱っこしてると息子くんを蹴っ飛ばしたりする。息子くんも「スヌーピーさん、大丈夫ねー」とかよく言うようになった。まぁそれが赤ん坊だと認識してるのかどうかは分からないのだが。
今回の妊娠は、YLオイルのおかげで、「あー薬飲めない!!!」ということがないので、非常に気が楽である。あとは新居ができてくれればいい。



Newport Jane
[PR]
by who54211 | 2017-10-21 13:40 | 人間 | Comments(0)