タイトルは常に漢字二文字にこだわっただけの日記。  *広告目的のコメントはwho54211の判断により消去・ブロックさせていただきますのであしからず*


by who54211

タグ:海外子育て ( 15 ) タグの人気記事

嬌声

今日で娘ちゃんは生後9か月になった。

最近は離れると寂しいらしく、顔が見えなくなったら泣くようになった娘ちゃん。それでも一人で座っておもちゃを口に入れて遊ぶようになったので、遊んでると息子くんに邪魔されて、でもそれすら構ってもらえてると思って楽しそうにキャッキャキャッキャと喜ぶ日々です。

離乳食はやっぱり食べる量が少ないので、根気強く与えることにする。来月からは3回食にして、おやつも与え、できるだけ早く夜間断乳に踏み切りたい今日この頃である。だって、飲みたいしw。

身体機能としてはつかまり立ちをし始めた。やはりハイハイする気配なし。
寝返りも実はあんまりせず、なのでおむつ替えもまだ楽な状況であるが、それしないと自分で座れないし、座れないと立てないし、立てないと歩けないわけで、どうやってそれを自分で発見していくのか楽しみである反面、引っ越すまでは動かなくていいよーとも思う。

言葉の方は最近「ばーばーばー」「ぱーぱーぱー」というのが出始めたので、間もなく「だーだーだー」になってナイジェルを喜ばせることになるだろうと思う。息子くんも「だーだー」はこの時期だったはず。

相変わらずよく眠るのだが、朝4時過ぎに起きて、5時半とかにまた寝て、9時過ぎ、12時前後、4時前後に昼寝、夜6時半には寝る、という生活をしている。下の歯が2本から始まり、上の歯は出始めているので歯ぐずりがまた始まり、歯ぎしりもしてる。ヤングリビングのコパイバ大活躍である。

ほんとに愛想がよくて、だれにでもニコニコしてどこに連れて行ってもハッピーベイビーと呼ばれる娘ちゃん。このまま幸せを振りまく女性になってもらいたいものである。

20日に3歳2か月になった息子くん。

幼稚園でどうしてもはしゃぎすぎてしまい、お友達にぶつかっていくことが多いということで頭を悩ませている。これ、ドロップインのプログラムでも同じで、ぶつかっていくことが楽しいと思っているようで、どうやったらそれが人を傷つけることなんだと教えたらいいのかなぁ・・・。娘ちゃんにも同じようにするので困りものである。

自転車がマイブームらしく、Emiさんから頂いた補助輪付きの自転車に乗り、登れない坂も「お母さん手伝わない!」と手伝い拒否をし、でもうまくいかなくて「きゃーーーー!!!!」と怒りの雄たけびを上げ、一体ワタシにどうしろと??と毎日問い続ける日々である。

トイレの方は、やはり時間誘導していけば失敗はない。本人に任せるとやっぱり難しいのだが、それでも「ピーピー」と教えてくれる機会が増え、ワタシがトイレに行く次いでに座っておしっこしてくれたり、家でおまるに自ら座ると大体大きい方も出せるようになった。こうやって覚えていくしかない。

最近は料理をしてると一緒に野菜を切ったりお鍋をかき回したりするのが好きなので、危なっかしい手つきを注意しながらやってもらってる。興味のあるうちにやり始めたら続くのだろうか?続くといいなぁ。厨房男子になってほしい。

言葉の方は「~~じゃないよー」と否定形で意見を言う。ワタシがこうやって言ってるのかなぁ・・・。あとは自分の都合のいいように発言する。例えば娘ちゃんのおっぱい終わったら外に遊びに行こうねというと「おっぱい終わった」って言ってみたり、おやつはごはんの後ねっていうと「ご飯食べた」とか・・・。どんだけ自分の欲求に素直なんだよ、と思う反面、それじゃだめなのでなんとかこっちの都合にも合わせてもらう日々である。

家に帰ってきても家に入る前が長くてほんとに困る。よく保育園から帰りたがらない子はスキンシップが足らないというけど、それなのか?と思いつつ、どうにもならないので玄関開けておいて放置する母(母は家でやりたいことが山積み)。娘ちゃんは抱っこやおんぶで満足してくれるけど息子くんはそうもいかないしなぁ。できるだけ娘ちゃんが寝てる時は集中して一緒にいてあげよう。

ここ数日、自分で服を着る努力をしてくれるようになってくれてうれしい。カバンを持ち歩こうとしてくれたり、娘ちゃんのストローラーを押してくれたり、お手伝いしようという気持ちも強くなってきた。頼もしいにいちゃんにあと数年したらなるだろう。

1月から英語かフランス語の幼稚園に通わせるべく、探さなきゃな。

そんなこんなで10月も終わっていく・・・。





[PR]
by who54211 | 2018-10-25 14:15 | 報告 | Comments(0)

変遷

先日3歳1か月になった息子くん。

最近急に聞き分けが良くなった、というかやたらめったに「いや」という時期が過ぎ去っていったらしく、ちゃんと説明したら「うん」と言って納得するようになった。
もちろん、何をしても聞いてくれないときもあるのだが、自分の中で消化できたら大丈夫なことがたくさん増えてくれて、母は生活が楽になった。
そして急に妹をかまいはじめた。やはりかわいいと思い始めたのか??
しかし、娘ちゃんの離乳食を始めて、プラスチックのスプーンやフォークを持たせ始めたら、自分もプラスチックに戻る、と言い始め、「なんでやねん」と心で突っ込んでいる毎日である。ストローや飲み込みやすいコップも然り。確かに君のために買って君も使ってたんだけど、もう卒業したじゃーん、と言いたい気持ちをぐっとこらえ、二人分の離乳食食器を出す日々である。
誕生日にあげたバランスバイクにはまっていて、毎日毎日バランスバイク。結構心配したのだが、意外とうまいこと乗っており、放っておくとはるかかなたに行ってしまうので、行くエリアを限っている。雨でも行きたいというのが難点だ。
でも、バランスバイクに乗るようになって、交差点で必ず止まって車を確認する癖がついてくれて良かった。いまだに車に乗り込むときは、飛び出してしまうが(娘ちゃんが助手席側なので、彼は車道に行かないと自分の席に座れない)、それでも大きな進歩である。

最近、ワタシといると夜の寝かしつけに本を読むことが少なくて、さみしい。お昼寝が完全になくなったのと、以前は長々入ってたお風呂を娘ちゃんと同時に出ることが増えたので、娘ちゃんが完全に寝付く前に寝室に入ってくるので、同時に寝かしつけることとなり、本を読むこともあるのだが、娘ちゃんをトントンしてるとワタシによじ登ってきて、それをおろして、また昇ってきて・・・を繰り返してるうちに寝ちゃうことが多いのだ。ワタシは本読む時間が好きだったのになぁ…。娘ちゃんはまだ本を読むよりかじりたい人なので、楽しめん。

日本語幼稚園も3歳になったので、一人で教室にいることになったのだが、泣くでもなく終わったら抱き着いてくるでもなく、クールである・・・。スイミングも水に入るまではくっついてたのに、水に入った途端、一人でばっしゃばしゃ楽しく・・・。こんなに自立したとはw。
早くほかの幼稚園にも入れたいなぁ・・・。

お友達、というかほかの子供と一緒に遊ぶことが楽しいということが分ったらしく、最近はほかの子供がいるとワタシを無視して遊ぶようになった。トラブルもあるが、英語だろうと日本語だろうと構わずにお互いコミュニケーションを取っているようだ。子供ってすごいわ。

そして8か月になった娘ちゃん。
下の前歯2本が出てきたので、9月に入って離乳食を始めたものの、食べが悪く、進んでないw。
スプーンや食器には興味があるのだが、食べ物を飲み込む、という感覚がなかなか分からず、口に入れては出してを繰り返し、玄米クリーム大匙1を完食するのに一週間かかった・・・。
昨日、今日とやっと南瓜、ジャガイモと連続していけたけど、玄米クリームとヤムいもの時はヤムいもなっかなか食べてくれず、そこでも停滞してた。明日の大根はどうなることやら・・・。

ストローも麦茶のパックなら飲めたけど、他のでは難しいらしく、コップ。
コップも最初吐き出してばかりだったけど、やっと飲んでくれるようになった。コップ持ち歩こうかなぁ・・・。

そして、お座りがいつのまにか安定し、ストローラーでも仙骨座り(お、理学療法士っぽいw)をせず、ちゃんとまっすぐ座れるようになって、景色を楽しむ余裕が出てきたようだ。息子くんはこの時期、座って遊んでる時に隣に座ってないとだめだったが、娘ちゃんは一人モクモクと遊び、倒れちゃうと叫ぶ、という感じ。そろそろ這うのか?と思いきや、立つ方が好きらしく、息子くん同様、ハイハイは飛ばして歩くんだろうと踏んでいる。
最近は声を立ててよく笑い、寝はげ部分にもやっと産毛が生えてきた。ものすごく髪の毛延びるのが遅い。夏に五分刈りにした息子くんの髪の毛はすでに娘ちゃんと同じ長さであるw。
同じ月齢のころ、息子くんはすでにお昼寝が2回から1回になろうとしてたと思うのだが、娘ちゃん、いまだに3回昼寝をする。そして18:30には就寝する。寝る子なのね。

息子くんをじーっとにこにこしながら見てることが多く、お兄ちゃん大好きなようである。面白いんだろうねぇ。最近は息子くんも娘ちゃんをかまうようになったので、ある意味このまま仲良くなってくれればいいと思う。息子くん、意外と面倒見がよいことが判明した。

さてさて次は一体どんな進化が見られるのかしら?楽しみだわ。



[PR]
by who54211 | 2018-09-25 12:17 | 報告 | Comments(0)

半年

今日で娘ちゃんは生後6ヶ月。

ほとんどタミータイムをしてないのだがいつのまにかうつ伏せから仰向けには寝返りできるようになっていた。うつ伏せで飛行機ブーンもするようになった。
昨日の検診で体重も6キロになってた。でも息子くんの1/3だから軽いw。
ニコニコしてご機嫌さんなことが多いけど、だんだん声がでっかくなってきたので、泣くとすごいことになるw。
まだ歯が生えてこないのと、息子くんのブースターシートが用意できてないので離乳食はもう少し先延ばしにすることにした。一緒に食卓についてても食べ物じーっと見たりもしないので、本人もまだおっぱいでいいんだと言ってる気がするw。
相変わらず3時間おきに起きるが、泣いて起きずにバタバタ脚を動かしてるだけのことが多い。放置すると泣くのでお腹は空いてるらしい。
今月からスイミングも始め、ちょっとずつ活動量も上げていく方向。

20日に2歳11ヶ月になった息子くん。
相変わらず突然怒り出すが、それでも落ち着いてることが増えてきた。
おトイレはラチがあかないので、スッポンポントレーニングを近々する予定。
お昼寝が飛ぶ、と思ってたのだが、眠りに落ちるのに時間が必要な子だということに今更気づいた。寝たら深く眠るようになった。

Ritsukoさんにお願いして来加された彼女のご両親に堀江さんオススメの奇応丸を持って来ていただいて飲ませ始めた。意外とすんなり飲んでくれたので、効果も期待。

最近は見知った顔のお友達がいると一緒に遊ぶのは難しいが、安心するのか思いっきり遊ぶようになってきた。いろんな人とプレイデートさせたいな。

お手伝いをするのが好きで、まだまだお手伝いにはならないんだけど、やる気だけは削がないよう頑張って我慢している(ワタシが)。
週末に思いっきり丸刈りにしたら、門前の坊主のようになってしまったw。まぁすぐ伸びるさw。

なんだかんだと二人子育てもペースがつかめてきた。
とにかく二人ともがっしり抱きしめられる母ちゃんでいたい今日この頃。



決意表明
[PR]
by who54211 | 2018-07-25 07:17 | 報告 | Comments(0)

決断

今日で生後5か月を迎えた娘ちゃん。

やっと平均パーセンタイル5%に乗り、赤ちゃんらしい体形になってきて、関節が少しずつ増えてきました(あの独特の肉の切れ目のことですw)。

娘ちゃんのお食い初めの時に、Chieriさんが言ってたのだが

「5か月から1歳前後までってもうほんとに振り向いたらニコニコしててすっごく可愛かったのよね」

という時期に入り、誰と目が合ってもにこにこと愛想を振りまいている素敵な女子に成長中である。
そしてよくしゃべる。気が付くとなにかしゃべっている。何を言ってるのかすごく気になる。

まだまだ夜の授乳が続くものの、たまに5-6時間まとめて眠ってくれるようになった。息子くん同様、夜は「お風呂」「授乳」のルーティーンでコトンと眠ってくれるので非常に助かる。昼間は1時間半から2時間置きに眠気が来るようで、9時と11時半ごろ、そして17時前後に30分、そしておおむね13:30に2-3時間の長いお昼寝をしてくれることが多い。
お昼寝で非常に悩んだ息子くんの時と違って、娘ちゃんに関しては息子くんのアクティビティにつき合わせる関係もあり、本人任せで寝てもらっている。それで夜の睡眠に響いてないのでヨシとしている。

なにがってタミータイムとかほとんどやっていないため、寝返りする雰囲気が全くないw。いいのか?と思いつつ、もうゆっくり育ってくれ、とも思っている。バンボやジャンプして遊ぶタイプのおもちゃは、ようやく座っててくれる時間が増えた。でもまだまだ息子くんの方がそれで遊んでいるw。
図書館のお父さん用プログラムにも参加し始め、来月からは水泳も始める予定。とにかく元気で成長してくれてることに感謝。

そして2歳10か月になった息子くんは、最近癇癪をよく起こして、いわゆる「寝転がっていやだいやだ」をすることも増えた。
多分娘ちゃんが産まれてからすごく我慢してるせいもあるのだと思う。どうしても娘ちゃんに手をかけてる間は待っててもらわないといけないのだが、2歳児に「待ってて」って言っても2秒も待っててもらえない。10数えて待とうねと一緒に数えてても途中でやめちゃうので一体どうしたものかと検討中。

先週無事に日本語幼稚園の2歳児クラスを終了。3歳児からはトイレトレーニングが終わってないといけないので、夏の間になんとか、と思いつつ、最近トイレに行くのを嫌がるし明らかに催してるのに否定されるので、強制的に普通のパンツ履かせようかとNigelと相談している。日本語だけでなく、英語かフランス語の幼稚園にも入れようと思っているのだが、引っ越しがいつになるのか分からないので、もう引っ越し終わってからにしようということになった(ほとんどの幼稚園がもう夏休みに入るので見学ができないというのもある)。

乗り物に乗っていると至極ご機嫌。勝手に家の敷地や公園から出て行ったりするようになったので困るけど、積極的に動き回ってくれるのはありがたいかな。
最近はお米を研いだり、ウォーターケフィアのお世話をしたり、お庭に水をまいたりとお手伝いもしてくれるようになり、お兄ちゃんの色も強くなってきた。

とはいえまだ2歳。しっかりあまえさせてあげたいなーとも思いつつ、娘ちゃんがかわいい時期に入ってしまったので、どうしてもかわいげがなく見えることも多くて、ついつい怒鳴ってしまうことが増えた。ワタシの両親は常に子供に怒ってたイメージが残ってるのだが、4人もいたらそらそうなるわ、仕事も二人ともしてたしなぁと今は分かる。でもやっぱり怒鳴らずにちゃんと説明できる冷静さをもって接していきたいと思う。
ちょっと前にアメブロで読んだ記事に

「何度も何度も注意して、『できるようになった!』と思ったらもう18歳、独り立ちの時を迎えてるのが、子育て」

とあり、あぁ、そういうものなんだな、ととらえることにした。怒鳴ってもちゃんと説明してもどっちでやっても覚えてくれないのなら、お互いに体力使わない方法のほうがいいに決まってる。怒鳴るのって体力使うんだよねw。

体力と言えば、娘ちゃんのお昼寝13:30が息子くんのお昼寝の寝かしつけと被るようになったのもあるが、体力がついてきたのでお昼寝が飛び始めた。車やバスなどの移動が伴う時は寝ちゃうこともあるが、家で寝かせようとしてもお昼寝しないことが増えたので、無理せず、娘ちゃんが起きるまでは家の中で割と静かな遊びをさせることにした。
夜その分少し早く眠るのだが、困っているのが夜驚症。突然大泣きして叫んで、起こすとそのまま起きてしまうので、なだめながら寝かしつけるのだが、ほんとに困っている。早くひやきおうがん飲ませたい。






ワタシたちの選択
[PR]
by who54211 | 2018-06-25 12:56 | 報告 | Comments(0)

挑戦

やっと6月9日のことが書ける!!

この日ワタシは、EmiさんとYokoさんがその意気込みで呼んだ大物ゲストのワークショップに参加したのだ。
血流と言えばこの人


出雲の漢方薬剤師の堀江さんである。

・・・実はワタシ、この方の存在そのものをEmiさんにお聞きするまで全く知らず、しかも教えてもらったにもかかわらずブログも読まず、ワークショップに参加することを決めたにも関わらず本も読まなかったという不届きものである(堀江さん、ほんとに何も知らずに参加してすみません)。

参加を決めた理由は、「面白そうだったから」というのが一番なのだが、いつも参加させてもらってるイベントを企画し、ワタシのアロマケアのメンター(と勝手に思い込んでいる)でもあるEmiさんが薦めるんだから間違いないだろう、ってことで無知識かつノリで参加したのだ。

このワークショップに参加するにあたって、悩んだのが

「生後4か月の娘ちゃんをどうしようか?」

ということである。息子くん一人ならNigel一人で問題なくやれるのだが、授乳がまだある娘ちゃんといやいや期+「アテンションプリーズ」の息子くんと一緒にいるのは、いつも一緒にいるワタシもかなり大変なので、慣れないNigel大丈夫か心配したのだ。

・・・が、本人大丈夫と言ったのでお任せすることにして、がっつり楽しむべく丸一日のコースを申し込んだ。
・・・のが3月だった。

3か月あったのに、本もブログも読まずに参加(ほんとに不届きもの)。

そしてワークショップ前日、冷凍保存してた母乳が足らないことに気づき、慌ててフォーミュラを購入。ただ、娘ちゃん、飲んだことがないので若干不安がよぎったが、これもお腹空きゃなんでも飲むだろということで自己解決し、家を出た。

そんないろんなチャレンジが含まれたワークショップの中身については、次の記事にて。


[PR]
by who54211 | 2018-06-15 13:50 | 報告 | Comments(0)

安堵

水曜日に娘ちゃんの検診に行ってきた。

最近重くなってきたなぁと思ってたら、5キロ近くまで増えていた。顔は丸くなってきたものの、身体に肉がついてきてないので、分からなかった。

吐き戻しもだいぶ減り、特に問題もないので、今後は隔月の受診になった。

そして息子くんの保健師さん訪問。
今回は家に来てもらったこともあり、息子くんも落ち着いていて、きちんと目を合わせてコミュニケーションも取っており、現時点で問題はない、ということになった。

最近の問題行動は、自我発達の過程と娘ちゃん誕生による生活変化による影響で起こっているらしい。

兎にも角にも問題行動してる時は完全無視、いい行動は褒め倒せ、ということだった。危険があるなら、抑制も止むなし、というアドバイス。

二人とも問題なしってことでほっと一安心。





引っ越し
[PR]
by who54211 | 2018-06-03 12:33 | 報告 | Comments(0)

過程

20日に2歳9か月になった息子くん。

毎日のようにトイレトレーニングのアニメを見せてたら、トイレにやっと行く気が出てきたらしく、声を掛けたら行ってくれることが増えたものの、まだまだおむつは外れない。やる気が出てきてくれただけでも感謝。
昨日は夜、一度もおしっこをしなかったらしく、おむつが濡れてなくてびっくりした。

相変わらずの偏食で、食べるものは限られている。しかも手で食べる・・・。飲み物をはき戻したりもする・・・。ちょっとした赤ちゃん返りかしら??

よく歌い、よく動き、よくしゃべる2歳児。

・・・なのだが、先日保健師さんにお会いした時にいろいろ話をしていたら、息子くんはちょっと心配ですね、ということになった。
この年齢でよくある「見て!」という行動がない。目を合わせる回数が少ない。注意しても反応してない・・・などなど、ちょっと不安ですね、ということになり、今度しっかり検査しましょう、という話になった。
まだ連絡ないけど、もし「何らかの障害の疑いあり」ということになったら、専門家のドクターにかかることになるらしい。

さてさてどうなることやら。

お引越しが決まりそうなので、9月からの幼稚園を探そうと思っている。いいとこ見つかるといいな。

娘ちゃんは24日に満4か月になる。
最近はほんとによく笑い、しゃべるようになった。
息子くんと違って、毎週のように身長体重を測ってたのだが、娘ちゃんは息子くんのアクティビティに付き合うために赤ちゃんのクラスに通えないので、月に一度お医者さんのところでしか測ってもらってないのだ。
だいぶ重くなってきたので、ベビービョルンの抱っこ紐はきつくなってきた。

起きてる時間もだいぶ長くなったものの、相変わらずよく眠ってくれて、助かる。
夜も眠る時間が長くなり、夜やおむつ替えの難しいところのお出かけでは紙おむつを使うようになった。

頸は座ってるのか座ってないのか微妙なところ。うつぶせが嫌いですぐ泣いてしまうので、全然できてない。
おっぱいを飲み終わっても乳首に吸い付こうとしようとして、中毒患者のようにブルブル震えて面白いw。
まだ吐き戻すことが多くて、困るのだが、それでもだいぶ減ってはきた。
顔が丸くなってきたものの、やっぱり美人。もう将来小悪魔で稼いでほしいわ。





[PR]
by who54211 | 2018-05-22 13:03 | 報告 | Comments(0)

母性

世の中のすべてのお母さん、いつもありがとう。

母親になって3度目、娘ちゃんとは初めての母の日だった。
f0129786_11330128.jpeg
Nigel、がんばって息子くんに書かせたらしいw。
f0129786_11335034.jpeg
幼稚園とドロップインで作ったギフトは、ほぼワタシの作品なのだが、きっとこうやって「母の日にはかあちゃんを喜ばせるものを作るんだ」と刷り込んでいくのね。ワタシも刷り込まれたし。
Nigelのお母さんはイギリス式に3月に母の日をするので、すでに終えているのだが、ワタシからは日本の母へ毎年5月にカードを送っている。
母の日って自分のお母さんだけに感謝を改めてする日ではなくて、お母さんという役目を担ってる人すべてを敬う日なんだということを北米に住んでいて実感する。
日本で夫から妻に母の日のギフト・・・というと違和感がワタシにはあったのだが、「お母さん」をしているワタシに感謝を示すために毎年カードと贈り物を送ってくれるNigel。実際に親になってみて分かった。日々の暮らしに彼の子供にはお母さんという役目が必要不可欠だからその敬意を表しているのだ。


その母の日がある週末、晴天の続くバンクーバー。前々から行きたかったので今日は動物園へ。
f0129786_08375594.jpeg
f0129786_08381021.jpeg
f0129786_08382550.jpeg
f0129786_08383820.jpeg
誰がってワタシが一番喜んでたっていうw。ていうかワタシのために行ったんだけどw。息子くんは最後の鳥のショーは楽しんでたけど、動物無関心。娘ちゃんはほぼ寝てたっていう・・・w。

さて、来月の父の日は、実はNigel、大きなイベントが控えているのだが、それについてはまた今度。


ゲリー・ヤングの遺産
[PR]
by who54211 | 2018-05-14 08:37 | Comments(0)

言語

6週早く産まれた娘ちゃんは、退院した後も小児科に通っていた。

カナダでは、専門家のドクターにはかかりつけ医の紹介状、もしくは入院からのフォローアップでないと通えない。
いきなり専門家の医者には会えないのである。

娘ちゃんは、小児科とかかりつけ医、両方通わないといけなくて、2歳で活発な息子くんを連れていくのは非常に難しく、Nigelかシッターさんに息子くんをお願いしている。

ただ、産後間もなくは呼吸器に問題のあった娘ちゃんも、その後吐き戻し以外になーんの問題もなく、小児科でもかかりつけ医でも同じことをやっているので、正直2か所も回るの面倒だなと思っていたのだ。

先週、娘ちゃんを小児科に連れて行ったら、まだまだ体重は平均に達していないものの、順調に体重も一日20g以上増えているし、ほかに気になることがなければ、もう通わなくて結構ですよ、ということになった。必ず毎月かかりつけ医に通ってくださいね、とは言われたものの、普通、こちらでは新生児は最低生後半年から一年は毎月医者に通うので、特に問題なし。

相変わらずよく眠るので、息子くんのアクティビティに集中させてもらっている。そろそろ娘ちゃんのアクティビティも取り入れていきたいなぁ。まぁ寝てるからできないんだけどw。まだまだ雨が多いバンクーバーではあるものの、晴れることも増えてきたので、公園に遊びに行くことが増えた。

昨日も午後、歩いていける公園に息子くんと娘ちゃんを連れて行った。

二人、東アジアの子供が男女いた。
息子くんがほかの子が滑ろうとしてるところを逆走しようとしたので、止めて、それで気をそらせるために、「シャボン玉しよう」と言ったら、そこにいた子供二人ともついてきた。

それはいいのだが、男の子のほうが断りもせずにシャボン玉の道具を勝手に持ち出した。
何度注意しても「貸してくれ」の一言もない。そのうえ、鼻水だらだら。

「お父さんに鼻拭いてもらっておいで」

と言っても全く理解できていない様子。

一方父親は・・・

ずーっとスマホをいじってる。

そして息子の活動には一切無関心。

ここまではまぁいいのだが、頭に来たのはその父親が言った最後の一言。

「この子英語分からないから、話しかけても無駄だよ」

ちょっと待て。
子供が英語が分からないのであれば、助けてやれよ。
というか鼻水ずるずるのまま、放置するなよ。
どこ行っても問題児扱いされるよ??

世界にはびこるチャイニーズ。どこに行っても中国語だけで生活できることが多い。でも、チャイニーズのコミュニティだけではなく、ほかのコミュニティとも接点があるのであれば、言葉の壁は大きな問題になりうる。カナダで育っていけば、ゆくゆくは英語が上達していくと思うが、乳幼児期は親の母国語のみで生活することも多い。現にうちの息子くんもほぼ日本語で生活している。だからこそ、ほかの子供とかかわる時にはつかず離れずの距離にいるようにしている。それでも子供同士のコミュニケーションのトラブルは起きる。
それでも、その子供の親は、ワタシが説明することで納得はしてくれることが多い。

このチャイニーズのお父さんの説明はワタシ、納得いかんぞ。
次に会ったら、キレるかもしれない。


[PR]
by who54211 | 2018-04-19 12:35 | 人間 | Comments(0)

太腿

今日は娘ちゃんの2か月検診。
そして初予防接種。
f0129786_12181425.jpeg
f0129786_12183865.jpeg
ほっそいあんよにぐさぐさぐさと3本(6種混合、百日咳、髄膜炎)、プラス経口のワクチン(ロタウィルス)。
でも息子くん同様、刺された瞬間だけ泣いて、絆創膏を貼ったら泣き止んでいた。
息子くんの時はまったく発熱しなかったのだが、娘ちゃんはどうだろうか?念のため乳児用のタイレノールを買ってきた。息子くんは一回だけ風邪で熱を出して飲んだけど、結局消費期限が切れて捨てた。
今のところ熱は出してないけど、おっぱいの飲みも悪く、午後もずーっと眠ってて、18時にはベッドに寝かしつけてしまった娘ちゃん。起きる気配なし。念のために今日は紙おむつ(起こしたくないので)。朝早くに起きないことを祈る。

身長はなんとか平均パーセンタイルに乗っているのだが、体重がまだ少ない。今日量ったら3460gで2か月経てまだなお息子くんの生れたときの体重に追い付いてない(3570gだった)。どおりで軽いわけだ。エルゴの出番はほとんどなく、インサートのいらないベビービョルンの抱っこ紐が大活躍。この分だとインサート使わずに終わりそうだ。
体重は軽いものの、その他に特に問題があるわけでもない。しいていえば吐き戻しがひどいくらいだけど、それも徐々に治まってきてるし、寝ててくれる分には助かるのでワタシは問題視しておらず、お腹がすいたりおむつが気持ち悪くなれば一応起きるからいいか、ということにしているw。撮った写真の大半、娘ちゃんは眠っている。

今日はワタシの精神科受診もあったので、息子くんはシッターさんにお願いした。
ちょっと久しぶりだったこともあったのと、初めて午前中にお願いしたので、息子くんちょっと困惑したらしく、珍しく泣いたらしい。でも「遊んでくれる人」がちゃんと家にいてくれることに気づいてからはいつも通りになり、元気いっぱいに遊んでた。帰ってきても機嫌がよく、お昼寝もすんなりしてくれてたすかった(もちろんこの間娘ちゃんは爆睡中)。

なんだかんだとどうにかなってる今日この頃。願わくば、もうちょっと寝たいな。 

[PR]
by who54211 | 2018-03-27 12:17 | 報告 | Comments(0)