タイトルは常に漢字二文字にこだわっただけの日記。  *広告目的のコメントはwho54211の判断により消去・ブロックさせていただきますのであしからず*


by who54211

タグ:移民申請 ( 11 ) タグの人気記事

長期

Nigelは昨日、無事に最終面接を終えて、無事に移民権を取得した。おめでとう!!
まだカードが届かないのでいろんな手続きは少し先だが、とにかくやっと一つ厄介なことが片付いた。

そんなNigel、結構頻繁にいろんな所から「うちの会社に来ませんか?」というオファーがある。
おとといもそんな会社の一つに面接に行った。

今の会社は、移民のお手伝いもしてくれたし、終身雇用の待遇になってからは、福利厚生もかなり増えてワタシも恩恵に預かってるのだが、なんせ締め切り間際の仕事量が半端じゃなく、平日の残業手当が付かない。そして使ってるソフトウェアが他の会社では使ってないものらしく、ツブしが効かないんだそうだ。
ただ、今取り組んでる映画は(まだ公にできないのが残念)Nigelがずーっとファンだった映画のひとつで、やっぱりやりたいらしい。

面接を受けた会社は福利厚生は付かないけど、平日も含めて残業手当が出るし、ベースのお給料が若干上がるんだそうだ。そして北米らしく「家族優先」で帰宅可能とのこと。でも一年契約なので、来年はまた職探しになる可能性がある。

Nigelの業界では、終身雇用で働いてる人は珍しく、ほとんどのVFXアーティストはプロジェクト毎か、期間限定で契約するんだそうだ。Nigelは移民のこともあったので、今の会社に4年近くいるが、それでも終身雇用扱いになったのはここ1年以内の話。それまではずーっと契約更新で働いていたわけである。

Nigel自身もやっぱりステップアップしたい、もうちょっと勉強したいという気持ちがあるらしく、面接を受けた会社にかなり魅力を感じていたようだが、ワタシと息子くんを抱えた今、全部の福利厚生を捨ててまで、という所で悩んでいるらしい。家族の保険なんかも面倒見てくれるので、大きなメリットの一つなのだ。

最終的には彼自身が決めることだが、ワタシは自分が働けない今、やっぱり今のところでもう少し働いて欲しいと思う。

こういう話を聞くと、無収入で貯金のない自分が迷惑かけてるなぁと思う。まだまだ授乳間隔3時間でクリブで昼寝をしてくれない息子くんとの日々は、ワタシに理学療法士の免許の更新手続きをしようという気力を作ってはくれない。
というか、それを言い訳にしてる自分が悲しい。

忙しいのに、ワタシや息子くんのために日本語を習ったり、できるだけ週末に息子くんを面倒見てくれるのに、ワタシは甘えっぱなしだ。

あと一カ月して息子くんが三カ月になったら、少し事態は好転するだろうか





手助け
[PR]
by who54211 | 2015-10-16 01:20 | 報告 | Comments(2)

時間

さて、ちょっと前にNigelの移民申請について触れたのだが、見事にくじ引きに当選し、「書類を60日以内に送ってください」というメールが届いたらしい。
まぁ前回のくじ引きのときに800点くらいの人たちが当選してたんだから、900点を超えてるNigelは当然当たるだろうとは思ってたけど、こうなるとタイの警察証明が届くかどうかとの勝負になってくる。
これ、間に合わなかったらどうするんだろうか??またやり直しなのかなぁ??

さて、木曜日からNigelのお友達がはるばるイギリスからやってきた。
イギリス人、というかスコットランド人である。ロンドンに長いこと暮らしてるらしいけど、二人とも、特に彼女のほうはすごーくスコットランドの訛りが強くて、時々「???今、なんて言った??」ということがある。
なまじNigelの訛りが強くないばっかりに、非常に戸惑うこのごろである。まぁ明日にはいなくなっちゃうけど(ウィスラーに行って、その後ビクトリアに向かうらしい)。

そんなこんなでここ数日、妊婦にあるまじき夜更かしをしているワタシである。おかげで眠い。
楽しそうにバンクーバーで過ごしてるようなので、それが何よりである。

Nigelは先々週、無事に会社と終身雇用契約を結んでくれて、おかげで福利厚生が手厚くなった。
傷害・障害保険、生命保険、医療保険も面倒見てくれるうえに、日本で言う年金基金(こっちではRRSPという)も2週間毎のお給料から自動天引きして積み立ててくれるんだそうな。
二人でいろいろと計算してみたが、どうにかこうにかワタシが働かなくても生活できそうな感じである。ありがたいことだ。

締め切り間近のため、Nigelはお友達が来てるにも関わらず、今日日曜日もお仕事(お友達は別の人と遊んでくれてるのでワタシは自由)。
一緒にお昼を食べるついでに、図書館で胎教用の子供の本を借りてきた。いろいろ考えたんだけど、とにかくお腹にいるうちから読み聞かせはしてあげたいと思ったのだ。ほかにもいろんな胎教の方法はあるが、ワタシもNigelも本を読むのは好きなので、子供も共通の趣味を持って欲しいというのもあるし、もう声が聞こえてるはずだから、とにかくお話を聞いて育って欲しいので。
すっかりお腹が出てきて、横になっておとなしくしてると胎動もすこし分かるようになったから、少しずつ少しずつ、世の中のことを知ってほしいなぁと思う今日この頃である。




[PR]
by who54211 | 2015-03-23 08:30 | 報告 | Comments(0)

苦悩

さて、5月の締め切りまで忙しいNigelである。このところ週末も働いている状況にある。
なんだけど、明日からNigelのお友達が来るのだ。いいのか??

そんなNigel,Expressで3度目の移民申請をしたのだ。
これは新しい移民方法で、Nigelのようにワークパーミットをもらって2年以上働いてる人を対象に(職種は限定されるらしいが)、オンラインで移民申請をし、移民申請ポイント(ジョブオファーがある、英語能力に長けている、学歴、年齢、などなど)が高い人からくじ引きで移民プロセスに入る、というものである。

前回のくじ引きの点数ボーダーが820点前後、Nugelは900点以上ポイントがあるらしいので、おそらくよほどのことがない限り、プロセスにすんなり入るだろうと思う。プロセスに入ったら、60日以内に必要書類を送らないといけない。
で、ここで問題になったのが、「警察証明(凶悪犯罪してませんよ、というお墨付き)」である。
移民申請に必要な書類のひとつなのだが、これが18歳以降滞在(生活した)した国すべてから取り寄せないといけないのだ。
Nigelはイギリス出身だが、20代のころ、タイで数年仕事をしていたのだ。
イギリスの警察証明はすんなり手に入ったものの、タイの警察証明は調べても調べてもこれという方法が見つからない。

それもそのはず英語では対応してないのだ。
つまりタイ語で検索すればきっと正しい対応方法が見つかるのだろうが、英語で探しても情報が混合しててはっきりしないのだ。

ワタシは日本の警察証明しか取ってないのだが、日本の場合は領事館に行って指紋採取して1ヵ月後くらいに届いたのだ、しかもタダだった。
イギリスは郵送してたな。でもそれもたいした金額じゃなかった。

さてタイである。
Nigelの知り合いの人は、タイまで飛んで、現地の職員に賄賂を渡してまでして、プロセスを早くしてもらいなんとか旅行期間中に発行してもらったのだそうな。
下手したらNigelもそうしなきゃいけないのか?と思っていたのだが、どうやらこの手の国のこういう書類で苦労する人が多いからか、代行会社というのが存在するのを発見。
手数料5千バーツなり。日本円で大体2万円弱、カナダドルで$200くらいらしい。
果たしてこれは良心的な値段なのかぼったくりなのか分からないが、もうとにかく書類を手に入れないことには話にならないので申し込んだらしい。

それと同時にもしかしたら間に合わなかったときのために、会社のほうにもワークパーミットの延長をお願いした。5月に切れてしまうのだ。
会社側も親切でワタシが妊娠したこともあり、Nigelと終身雇用契約してくれて、そのおかげでいろいろと福利厚生が増える予定である。なのでもしこの移民申請がうまく行かなかった場合、プロビンシャルノミニーという別のクラスでの移民申請も手伝ってくれるんだそうな、ありがたいことだ。

ほんとに移民申請は面倒くさい。Nigelのも早く落ち着いてくれるといいんだけどな。



[PR]
by who54211 | 2015-03-19 14:01 | 愚痴 | Comments(0)

延期

liveinのお友達のsatomiちゃんから

「プロセス期間が32ヶ月になってた」

というお知らせを聞いた。
え?ついこの前24ヶ月に延びたばっかりじゃん??

で、移民局のサイトをチェックしてみると

「Live-in caregiver 32Months」

・・・・・。
・・・・・・。
・・・・・・・・。


が~~~~~~~~~~~~ん!!!!!

ワタシ、いつ帰国できるの??



にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家

[PR]
by who54211 | 2012-07-12 23:53 | 愚痴 | Comments(2)

試練

昨日、フラワーアレンジのレッスンがあると思って、急いでQueensberryに行ったら

「今日でしたっけ?!」

といわれた。見るとすごい人数の受講者。
ひるんだワタシは「あ、じゃぁ帰ります(←小心者)」。

店員さんに「一席空いてますからどうですか?」と再度お誘いされたが、もうすでに遅れてるので今回はパス。
ほんで今日、ドタキャン(24時間前にキャンセルしないとキャンセル料が発生する)したので、料金を払いにまたQueensberryに赴いたら

「ごめんなさい、こっちの手違いで、22日じゃなくて26日に予約を入れてしまってました」

ということで、お金を払わずに済んだ。そりゃ~26日にワタシが来るつもりでいたら「今日でしたっけ?」って言われるわw。

来月も結構興味深いアレンジのレッスンがあるのだが、とにかく4月から無職のワタシは、節約生活を強いられるので、レッスンも今までのようには受けられない。吟味して月に一回行けるか行けないかになるだろう。

でも教わったコサージュの写真を見せたら褒めてもらえたw。

今日は久々に晴れたお休みの日。
Zumbaに参加して、お仲間さんとお茶をしにいく。
うちの雇用主さんと同世代が多いので、移民してきた人が多いのだ。
でも、彼女たちが移民したときには今のようにコンピューターにデータベースなど存在せず、それこそペーパーでやり取りをしていたらしい。
しかもだな、移民認定も相当甘かったらしく、

「サービスカナダにパスポートもって行ったらすぐにワークビザを発給してくれた」

とか

「ビザなんてそれこそ紙のきれっぱしみたいなもんだったわよ」

という。

で、最近移民からシティズンシップを取った方がいて、その人はそのきれっぱしを持っていったわけなのだ。
そしたらやっぱり移民局の人に

「なんですか、これ???」

と疑問をもたれたらしいw。ちょっと見たかったな、そのきれっぱしw。

まぁともかく、移民してきてる彼女たちはうちの雇用主さんよりもずっと移民申請中の立場のワタシのことを理解しており、今の事情を話したら

「ほんと、動けないってつらいわよね」

と同情された。

そうなのだ。国境通過ができるのなら、迷わず日本にいったん帰る状況なのに、国境通過ができないから、こんな宙ぶらりんなどうにもならない状況で待つ羽目になったのだ。

さてさて来月からワタシは何をして日々をすごせばいいんだろうか??


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家
[PR]
by who54211 | 2012-03-24 06:41 | 人間 | Comments(0)

祝杯

Live-inのコミュニティ管理人であるEmmyさんとランチデート。
ランチも始めたという牛角で焼肉デートであるw。
お店に入ったら流暢な日本語で「いらっしゃいませ」と言われたのだが、見るからに金髪白人のおねいちゃんである。
Emmyさんと二人で
「すっごく日本語うまいよね。そんであんなにかわいかったらモテモテだろうね」
と盛り上がる。
途中網を交換してもらったときも「遅くなって申し訳ありません」とよどみなく台詞が出てくるこのおねいちゃん。素敵。

f0129786_6522871.jpg

食べたかったのでワタシはナムル、Emmyさんは塩キャベツを注文。
f0129786_6523062.jpg

そして「ミートラバーセット」と呼ばれる$14くらいのセットを二人して注文する。肉肉肉であるw。

さらに二人して昼間から飲むっていうw。

だってお互いに「オープンワークと申請完了のお祝いしようね」とずっと約束してたのだ。
やっとやっとのお祝いの日である。
しかもオープンワークが届いてナニーのお仕事を無事に辞めたEmmyさんは、ずっとやりたいと言ってた留学エージェントでのお仕事をゲットしたのだ。

そりゃ~昼間からでも飲まなきゃ!!

で、飲んで食ってお互いやほかのお仲間の報告をして、すっかりおなかいっぱい。

Emmyさんはしばらく木曜金曜がお休みだということなので、じゃ~また遊ぼう!と約束してお別れ。
Emmyさん情報によると、2つの段階がある移民申請のうちの第一段階のステップが7~8ヶ月に短縮された、とのことだった。
ただ、live-inのカテゴリーで審査待ちの人が2万9千人もいるらしい。
え?じゃ、ワタシもしかして今年中には審査してもらえない??
ちょっと勘弁してよ~~~。
こうなったらオープンワークだけでもとっとと出しやがれ、移民局!!

「最悪今の雇用主さんと延長か~」

...考えただけで胃が痛い。

待ってる期間ってなにもできないからつらいわ~。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家

[PR]
by who54211 | 2012-02-11 07:23 | 報告 | Comments(6)

節目

そういえば日本は成人式、そしてセンター試験。そんな時期なのね。
どちらも人生の分岐点のひとつだ。

そんな日にワタシも分岐点を迎えた。

f0129786_646967.jpg

やっと書類がそろった。
昨日から何度も何度もチェックして、全部あることを確かめた。

ほんとは昨日出そうかとも思ったのだが、なんせ13日の金曜日。なんかありそうな気がしてやめたのだ。
1月14日の今日は暦では友引。
live-inのお仲間がどんどん続いて移民申請できるようにこの日を選んだ。
f0129786_6461095.jpg

最近は土曜日でも開いてる郵便局が増えてうれしい。

これでワタシが移民申請のためにするべきことは一通り終了。
後は審査を待つだけである。
とにもかくにもこの紙の束が手元から離れてくれただけでも、肩の荷がぐっと軽くなった気がする。

仕事は以前にも話したが、おじーちゃんが亡くならない限り、11月までは続けていく方向でいる。
やはりいい推薦状を就職活動のためにも、お部屋を借りるときにも書いてもらわないといけないので、その面ではある程度、我慢が必要だと思う。

ところで成人式といえば、ワタシのときも半分以上が同窓会で、あの振袖を着るために早起きしたんだよな~。
お友達のHaruくんは確か去年成人したのだが、今年はGLBTの成人式の実行委員会のお仕事をしているのだそうだ。
そうだよね~。男の子でも振袖着たい子もいるだろうし、同姓同士で気兼ねなく写真を仲良く撮りたい子達もいるだろう。
こういう子たちをそれを個性として寛容に受け入れる社会になっていくといいなと思う。

センター試験は、ワタシ失敗したクチだからな~。
今受けても絶対英語以外はまったくだめな自信がある。マークシートだろうが関係なくまったく無理だろうな~。一応進学校だったんだけどな~。あの3年間で覚えたことで今使ってることってなんかあるだろうか?と考えたけど浮かんでこない。

いい大学に入ることだけが人生じゃないけど、大学に入ることで世界が広がることは確か。
そのつもりで志望校にみんな合格してほしいなと思う。

さて、ワタシの移民申請はいつ通るんだろうか?
とにかく今後も働いて、ちゃんと貯蓄して、今後の生活の基盤をこっちできちんと築けるようにネットワークも広げて、プライベートも充実させていきたいな。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家

[PR]
by who54211 | 2012-01-15 07:15 | 報告 | Comments(4)

再度

今日はずっと待ってた二度目の書類チェックの日。
何度も打ち直して、書き直して、雇用主さんにも書類の書き直しをお願いし、写真まで撮り直しての再挑戦である。

今回は個別面談なので、じっくりとひとつひとつ丁寧に見てくれた。
...が、Emmyさんにも聞いていたのだが、ほんとにじっくりで、なんと2時間以上...。
そのほとんどが、ワタシ、待ち時間。
なぜかというと、問題点が上がってくるたびにいちいちアソシエーションの人、その旨をデータに打ち込んでいくのだが、その作業がおそい。打ち込んでる間、特に何もすることはないから待つ訳で、その時間が長かったのだ。

...でもいいの、これで安心して移民できるなら。

前回ワークショップに参加したときに一番のネックになったのが、「学生ビザと実習用のワークパーミットを持っていた間のパートタイムの就労」である。今回はちゃんとそのときのビザのコピーを持って行き、前もって「もしかしたらお手紙が必要になるかも」とコミカレのディレクターにもお願いしておいた。

...結論:違法行為。

「ここの学校、前にもうちのクライアントさんで同じ問題起こしたのよね〜。弁護士ほんとに雇ってるのかしら?」

とアソシエーションの弁護士さん。

そんなことはどうでもいい。
違法行為と言われてしまった以上、ワタシは罰金を払わないといけない。
別に違法で働いてたのが問題なのではない。許可なしで働いてる人間は世界中どこにでもいるけども、ワタシの場合は公的書類に「働いてた」という証拠が残ってしまっているのが問題なのだ。

カナダでは確定申告は勤めていようとなんだろうと自分でやるのだが、そのときに必要な書類にT4というものがある。これは雇用主が労働者に渡す書類で税金をこれだけお給料から差し引いてきましたよ、という証明である。
うちの雇用主さんは、福祉制度を利用してワタシのお給料を払いたかったために、就職が決まったと同時に週末だけ働いていたのだが、「あなたにちゃんとお給料を払いたいけど、現金では福祉制度を利用できないから小切手を切りたい。そのためにはパートであってもちゃんと雇用しなきゃいけない」と言われたのだ。
で、学校に確認したら

「関連分野だから、パートであれば大丈夫」

とディレクターにも国際学生担当者にも言われたのだ。

だから安心してきちんと雇用してもらったのにも関わらず、この有様。

ワタシ、やっぱり金難の相が出てるような気がする...。
ちなみに罰金$200ナリ。

でも朗報もあった。
やはりワタシが現在置かれている状況は、労働基準法違反(ま、誰が見たってそうなんだけど)にあたり、半年さかのぼって超過勤務を含めた仕打ちに対する対価請求ができるのだそうだ。

今からやってもいいっちゃ、いいのだが、そのためにはここで仕事を続けることはできないのだそうだ。
特にワタシのように過酷な労働条件である所では、労働基準局の命令が出て、追い出されるというか雇用主さんは住み込みのケアギバーを雇えなくなるんだそうで...。

因果応報なのね。

ただ、カナダで就労経験がここしかないワタシは、やっぱりちゃんとした推薦書を書いてもらいたいので、働いてる間に波風は立てたくない。
アソシエーションの法律担当者さんも

「クレームつけることは辞めてからの人がほとんどよ。住み込みだしぎくしゃくするのがいやなのよね。だからなんとか我慢できるなら続けた方がいいと思う。辞めてからでも半年前までさかのぼるから同じわけだし。ちゃんとどういう仕事をしてたのか、どのくらい超過勤務してたのか、記録に取って、仕事を辞めるときにまた連絡してちょうだい。」

と言ってたので、体に支障を来さない限りはちょっと11月まで(長いな)我慢しようと思う。そんでその後他の仕事しながら半年分がっつりもらってやる。

なんかそれだけ聞いただけでやる気出てきているワタシである。

さて、雇用主さんにもう一回手紙書き直してもらわないとな...。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家

[PR]
by who54211 | 2012-01-11 15:18 | 報告 | Comments(2)

夜景

クリスマス前最後の休日だったワタシ。
意気揚々と朝一番にできたてサーモンを取りに行って...どっかに置き忘れてしまった(泣くに泣けない。ものすごく楽しみにしてたのに!!)。
クリスマス前の駆け込みショッピングでどこへ行っても人、人、人、のなか、つい先週に移民申請を終えてすでにお休みに入ってるsatomiちゃん、今日の午後からお休みのmaikoちゃん、そしてたまたま今日の午後お休みになったchieちゃんと4人で移民申請の相談会。
みんなでチェックすればするほど、「これはこの書き方でいいの?」という疑問がどんどん出てきて、「やっぱりワークショップ参加してきちんと質問しないとだめだね〜」となったものの、一応おおむねの書類の書き方が分かって、ワタシもいくつかの疑問点が解決したので、良かった。
なによりも日本語で気兼ねなくいろんな話ができるのはありがたいし、うれしい。そして楽しい。
2時過ぎに集まり始めて、結局6時頃までなんだかんだとわいわいしていたワタシたち。
その後、maikoちゃんとsatomiちゃんと別れ、まだ帰宅するにはちょっと時間の早かったワタシは、コンビニ屋に行く、というchieちゃんにくっついて行った。
久々に行ったコンビニ屋でおしゃぶり昆布を買うか最後まで悩んで買わなかったワタシw。

で、この日時折小雨が降っていたが、コンビニ屋を出るときには雨が降ってなかったので、chieちゃんを誘って、ダウンタウンのクリスマスイルミネーションをちょっとだけ。
f0129786_1310761.jpg

ここは、前に一緒にボランティアをしてる人に送ってもらったときに見かけてすごくきれいで感動したのだ。
いわゆる、伝統的なイルミネーション(LEDを使ってるのは現代的だけど)。

f0129786_1310856.jpg

そしてこれは、毎年毎年派手になっていくセントポール病院のイルミネーション。この病院のイルミネーションは、「Lights of Hope」というタイトルの通り、いろんな難病基金の寄付金集めのために行っている。この病院だけでなく、多くのイルミネーションがこういう寄付金を集めるために行っているものが多い。日本と同じく、歳末はおもちゃの寄付、毛布や防寒具の寄付、食べ物の寄付などお金だけではなく、助け合い運動が盛んだ。

f0129786_13109100.jpg

これは、内海を挟んだ反対側から見たダウンタウン。ウエストバンクーバーからはスタンリーパークの森しか見えないのだが、ノースバンクーバーからは、ダウンタウンのカナダプレイスを中心とした夜景がきれいに見えるのだ。

この冬、寒いけど晴れの日が多いバンクーバー。こういう夜景を楽しむ機会がたくさんあったけど、ワタシ、やっとちゃんと見に出かけたな〜w。

さて、たくさんの友達がクリスマスブレイクに入るにも関わらず、ワタシは明日から怒濤の3日間朝7時〜夜10時シフトである...。あははははは(泣)。来年は絶対こんなことにしないもん!!

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家

[PR]
by who54211 | 2011-12-24 13:41 | 報告 | Comments(0)

意欲

昨日、仕事が終わってから電話があった。

「バンクーバー日本領事館ですが、警察証明が届きましたので領事館まで取りに来ていただけますか?」

やっと来た!やっと来た!!やっと来たのよ!!!!

11月いっぱいで2年の就労期間を無事に満了したワタシ。警察証明以外の書類は一応すべてそろった状態だったのだが、これがないために申請手続きに入れなかったのだ。
前に頼んだときは1ヶ月くらいで着たような覚えがあるのだが...愛知県警、なんかあったのか??
ま、いいや、そろったから。
f0129786_119279.jpg

↑これらが申請に必要な書類すべて。

ワタシが申請するlive-in caregiverのクラスはおそらくもっとも提出書類が少ない。とにかく2年まともに税金を払い、働いてた証明があればいいのだ。後は身元証明のために警察証明や出生証明が必要なだけである。

記入が必要な書類もあり、これが結構クセモノだった。
高校以上の学歴は必要だろう。
過去10年の住所はまだわかる。
でも、過去10年の活動暦って、アンタ...。
ワタシの場合は、カナダと日本を相当行き来してるし、かなりの数のESLにも通い、しかもプーの時期もあるわけで...。
それをどう書けと??と思っていたのだが、すでにPRカード(移民権の証明カード)をゲットしたmakoちゃんの書類を見た限り「Unemployed(働いてません)」と「Studying(学生)」と書けばよいらしい。ただね~書き込める欄が5つくらいしかなくて、ワタシ、活動暦にいたっては3枚に渡って書いた。しかもだな、日本の履歴書と違って過去からではなく、現在からさかのぼって書くんだそうな...。何で??

雇用主さんに年収の証明と、雇用履歴のお手紙を書いてもらったのだが、ちゃんと「仕事を始めた日と現在も働いてることを書いてください」とお願いしたにもかかわらず、開始日忘れてるし...。明日頼まなきゃ...。

さらにショッキングな事実があり、バンクーバー市内にはlive-in caregiverのためのNPO団体があるのだが、以前は1対1で移民申請の書類チェックをしてくれていたのだが、現在はやっていないという。
その代わり土曜日に丸一日かけてワークショップを開いて、それに参加すればチェックしてくれるのだそうだ。
そのために丸一日休日をつぶすの?と思ったが、なんせ無料なのだ。念のため、ワークビザを申請したときに書類チェックをお願いした会社にお問い合わせをしたらそのお値段なんと!$500+TAXだそうで...。払えない。大体移民権申請料だけでも$1000を超えるのだ。お給料の半分以上を持っていかれるのだ。無理だ...。なのでこの土曜日、がんばって丸一日のワークショップに参加する予定である。
それでOKが出たら、即効郵送してやる!!クリスマスの前に何が何でも郵送してやる!!

ただ、いいニュースもあり、mixiのlive-in Caregiverのコミュニティ管理人であるEmmyさんは、なんと2ヶ月でオープンワークパーミット(ワタシたちが現在持っているワークビザは雇用主さんが限定されたワークパーミットなので、雇用主を替えるときはまた面倒くさいLMOからはじめないといけない。オープンワークは雇用主を限定されないので、自由に就職できる)が届いたのだそうだ。
実はカナダ移民局、7月に一部提出書類を変更し、バーコード読み取りができるようになったんだそうだ。これによってデータ入力の時間を短縮し、プロセス時間が早くなる、ということだったのだが、どうやら新しい書類で提出した申請者のプロセスはほんとに早くなっているようだ。移民権はまだわからないが、少なくともオープンワークに関してはこっちの日系の掲示板にも書き込みがあったくらいなので、おそらくプロセスが早くなっているんだろう。

期待大である。
俄然移民申請に対するやる気が盛り上がった。
今日バスパス(一ヶ月使用できるバス乗り放題のチケット)をなくしたけど、そんなのどうでもいい。
働けるのだ、今の職場以外で、近い将来!!
もうこうなったら何が何でも申請申請である。
とにもかくにもワークショップに行く前に雇用主さんに手紙を書き直してもらわないとな。
がんばるぞ~。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家

[PR]
by who54211 | 2011-12-16 11:08 | 報告 | Comments(4)